KANA-BOONの飯田祐馬、帰宅の報告から3日…音楽活動の休止を発表

しばらく音信不通になっていた飯田祐馬さんの音楽活動休止が決定しました。詳細をまとめています。

KANA-BOON
(画像は「もぎもぎKANA-BOON」公式ツイッターのスクリーンショット)

■治療に専念するため活動休止

19日に更新された公式サイトでは、本人との話し合いの場を設けられたことが報告されました。音信不通になった理由は、音楽活動の中での、個人的な不安やプレッシャーが原因だったようです。

話し合いの最中にも体調が不安定な様子が見られ、医療機関の診察によって、精神的な病気であることが判明しています。これに伴い、治療に専念するため、飯田さんの音楽活動は休止するという結論に至ったようです。


関連記事:ぺえ、退院の報告にファン安堵 病名を明かし「恐怖を感じました」

■その他メンバーは活動を続ける

飯田さんを除いたヴォーカルの谷口鮪さんと、ギターの古賀隼斗さん、ドラムの小泉貴裕さんに関しては、引き続き活動を続けるそう。また、ライブ活動については、サポートのベーシストを迎えた体制で行う予定とのことです。

体調の回復されることと、飯田さんの活動が再開できることを願っています。

・合わせて読みたい→井上尚弥がWBSSで激戦の末、異常を報告「絶対安静で…」

(文/fumumu編集部・Amy

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事