「別れようと思ったけど…」彼女と別れを思いとどまった理由

別れを考えていても、別れを思いとどまってしまう瞬間もあるようで。

重なるカップルの手
(SERENA HUS/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

出会いがあれば別れもあります。大好きな彼女でも、ひょんなことから「これ以上一緒にいるのは無理かも…」と思い、別れを考えてしまうことも。けれど、場合によっては別れたい気持ちが消えてしまうこともあります。

そこでfumumu取材班は、彼女との別れを思いとどまった理由を聞いてみました。

 

■塩対応をしたら他の男と仲良く…

「関係がうまくいかなくなり、彼女に別れたいニュアンスを伝えて塩対応をしていたら、最初は『別れたくない』だの『1回ちゃんと話したい』だの言っていたのに、数日で連絡が来なくなった…。

 

彼女のSNSを覗いたら、休日に誰かとどこかへ出かけている。いいねやコメント、友達の投稿を漁って、一緒に行った相手が男なのがわかった。俺のことを諦めて他の男を探し始めていると思ったら、急に独占欲が湧いて…俺から連絡をして結局元通りに」(30代・男性)

 

■別れたい事を匂わしても焦らない

「別れたいと伝えた際、向こうが全く焦らず、普通に『そっか、わかった』とあっさり受け入れた彼女。別れるつもりだったのに、逆に振られた気分になり、最後は俺が『別れたくない!』とか言って、意味不明なことになってた」(20代・男性)

 

「フった時、相手に一切否定されないと急に惜しくなる」(30代・男性)

 

■友達伝に誕生日プランを知って

「彼女との共通の友達に別れようか迷っている旨を伝えたら、止められた。最初は『二人でしっかり話し合ったら?』とか『あんな彼女と別れるのはもったいない』とか言ってたけど、あまりにも必死に止めるから理由を聞いたら、『〇〇ちゃん、今からお前の誕生日プラン考えてるんだよ?』と。

 

彼女、俺のことをちゃんと考えてくれているんだなぁとジーンとして、別れ話を切り出すことはやめた」(30代・男性)

 

別れ話が出ても、回避できることもあったりします。彼が冷たくなったら終わり、ではなく逆転を目指しましょう。

・合わせて読みたい→男子が「パートナーから『別れたい』と言わせる」ための3つの方法

(文/fumumu編集部・美佳

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事

関連キーワード


fumumuをフォローしよう!