年上男子と付き合うのは大変だなぁ…と実感した瞬間3選

「隣の芝生は青く見える」と言います。付き合ってみて始めて分かることも色々あるようです。

カップル
(west/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「頼りがいがある」とか「安心感が大きい」など、女子から圧倒的な人気を誇る年上男子

しかし、いざ付き合ってみると、年上だからこそのデメリットもあると言います。

fumumu取材班が女子達に、年上男子と付き合うのは大変だなぁ…と実感した瞬間について、詳しい話を聞きました。


①価値観はどうしても違うもの

「彼氏は、私よりも10歳年上です。人として尊敬もしているし、1人の男性としても大好きなのですが…育った年代が違うので、話が噛み合わないことが多々あります。


特に価値観の違いが顕著になるのは、カルチャーです。音楽やファッションはトレンドが全然違うので、お互いに完全には理解し合うことができません。彼氏のオススメは私にとってダサかったりもするので…ちょっと煩わしさを感じてしまいます」(20代・女性)


関連記事:逢える時間は少ないけど…大学生彼女と社会人彼氏あるある4選

②彼のプライドを傷付けない

「20歳年上の彼氏から、誕生日プレゼントにネックレスをもらいました。気持ちは嬉しかったのですが、正直、デザインが古臭くて付ける気にならなくて。でも、付けないのも彼氏のプライドを傷付けてしまいますよね…。


もらった以上は仕方がないので、ネックレスは常にバッグの中に入れて持ち歩き、デートの前には必ず付けるように気を遣っています」(20代・女性)


③対等な関係で居続ける努力をする

「20歳以上年上の彼氏は、仕事で頻繁に海外に行っています。そのため、日本のGDPや円の為替ルートなどが会話によく出てくるのですが、私にはチンプンカンプンで…。


でも、彼氏と付き合う以上、ずっと無視し続けるわけにもいきません。対等な関係で居続けるためには常に勉強しなければならず、意外と大変です」(20歳・女性)


年齢に関係なく、誰と付き合ったとしても、所詮は他人です。良好な関係を維持し続けるためには、違いを楽しんだり、歩み寄る努力をしたりするのも必要なのかもしれませんね。

・合わせて読みたい→マンネリな時期でも…彼氏を「やっぱり大好きだ〜!」と実感した瞬間

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!