ブームが止まらない! 女子大生に話題の「チーズティー」午後の紅茶に登場

午後の紅茶「チーズミルクティー」が発売! グリコ・ポッキーと食べ合わせやパッケージデザインなどでコラボする第5弾商品でもあります。

キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー

12日、キリンビバレッジから『キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー』が発売されました。

昨年、台湾発のドリンクとして都内に専門店がオープンするなど、女子大生を中心に今注目を集めているチーズティー。

果たしてどんな味なのか。fumumu取材班は早速買ってみました。


■「チーズミルクティー」飲んでみた

パッケージには学生服を着た男の子の姿が。机とイスがあり、学校の教室のようです。

定番のミルクティーと比べてみると、紅茶の色は見た感じあまり変わりません。同じ容量ですが、チーズミルクティーのペットボトルは省スペース化が図られていてキャップ1個分くらい背が低いです。

キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー

飲んでみると、チーズミルクティーは、ミルクティーよりも濃厚でコクのある味わいになっています。チーズが香りますが、後味が少しだけ残る程度です。

関連記事:「本当に忘れられないエッチ」どんな思い出がある? 聞いてみた

■ポッキーとのコラボ

同じ日に江崎グリコが『ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>』を発売しています。

ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>

両社から発売された商品は、食べ合わせやパッケージデザインなどでコラボする企画の第5弾にあたるのだそうです。

ポッキーも午後の紅茶同様、パッケージには高校生が載っています。女子高生が前を向いて手を差し出しています。

ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>

中を開けてみると、一箱に4本×3パック入っています。

ノートの柄に「ポッキー何本分話そうかな。」のフレーズが。手書きのフォントとノートのデザインは10代を思い出させますね。

ポッキー<ほろにがコーヒー&ココア>

袋を開けた瞬間、香ばしいコーヒーの香りが漂います。

ほろにがいココアプレッツェルにやさしいコーヒークリームを二度かけしたポッキー。ほろ苦さの中に甘く、歯ごたえのある贅沢な味わいです。

関連記事:「本当に忘れられないエッチ」どんな思い出がある? 聞いてみた

■パッケージがペアに

キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー

チーズミルクティーとポッキーを合わせてみると、懐かしい青春の一コマが出来上がります。パッケージのバージョンは「平成元年~9年」、「平成10年代」、「平成20年代」と3つの年代。

それぞれのパッケージには、時代毎に高校生たちの放課後の様子が載っています。よく見てみると懐かしいアイテムもチラホラ。ガラケーや腰のチェーンなど時代を感じさせますね。

さらにペットボトルに載っている男子はポッキーの箱を持ち、ポッキーの箱にのっている女の子の机には午後の紅茶が! もっと探してみるといろんな発見があるのかもしれません。

裏表で合計8種類のデザインがあるとのこと。全種類確かめたくなりますね!


■一緒に食べるとティラミスの味に!

パッケージだけではありません。2つの商品を一緒に食べると、平成の流行スイーツ「ティラミス」の味わいになるとのこと。

本当にそうなるのか…。実食してみました。

キリン 午後の紅茶 マスカルポーネ薫るチーズミルクティー

確かに一緒に食べると、少しビターなココアの味にマスカルポーネのほのかな甘さが後から追います。言われれば、なんとなくティラミスかな…。

しかし、チーズミルクティー×ほろにがいポッキーの組み合わせは抜群! クセになってしまいそうなおいしさで、ちょっとしたおやつの時間にピッタリなコラボ商品でした。


キリンとポッキーの平成最後のコラボレーション。見た目も味も楽しみながら、甘酸っぱい学生時代を語り合うのもいいかもしれませんね。

・合わせて読みたい→桜香るポッキー&ビッテで春を先取り! セブン&ヨーカドー限定

(文/fumumu編集部・吉田あやの

この記事の画像(7枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!