ポッキー初の公式カフェスイーツをファンと開発! 実食してみた

『ポッキー』と「アフタヌーンティー・ティールーム」がコラボしてカフェメニューを開発。『Pocky 午後の贅沢 苺とポッキーのショートケーキ』を一足早く実食してきました

Pocky 午後の贅沢 苺とポッキーのショートケーキ

江崎グリコの人気お菓子『ポッキー』が全国に約90店舗を展開する「アフタヌーンティー・ティールーム」とコラボ商品を発売します。

ポッキー発売52年で初の公式カフェスイーツだそう。初めてのコラボはどんな商品なのでしょうか? fumumu取材班が一足早く試食会に参加しました!


■苺とポッキーのショートケーキ

コラボに使用したポッキーは、昨年11月に発売された、濃厚なチョコレートを使用した『ポッキー午後の贅沢<ショコラ>』(2本×10袋入341円・税別)。発酵バターを練り込んだサクサクビスケットに濃厚なミルクチョコレートが厚くコーティングされています。

Pocky 午後の贅沢 苺とポッキーのショートケーキ

コラボメニューの製品名は『Pocky 午後の贅沢 苺とポッキーのショートケーキ』(790円・税込み)。

きめ細かくしっとりとした生地に、ポッキーと砕いたカカオ豆(カカオニブ)入りのクリーム、果肉入りの苺ソースがサンドされています。


関連記事:ファミマからアフタヌーンティー監修のあまおう苺スイーツが新登場!

■ポッキーファンのアイデアを参考に

カフェメニュー開発が決定すると、ポッキーファンが集まるコミュニティサイト『ポキトモ』メンバーズからアイデアをもらうことに。

「苺とチョコの相性を楽しめるスイーツが食べてみたい」との意見から、フランスで人気の苺のショートケーキ「フレジェ」をヒントにスイーツを開発。

また、「ポッキーをディップして食べたい」との声を取り入れ、苺ソースのかかったバニラアイスとポッキーがケーキに添えられています。

実際に食べてみると、チョコとクリームの濃厚なコクが苺の甘酸っぱさを引き立てています。また、カカオニブとポッキーの食感がそれぞれ違っていて、良いアクセントを楽しめますね。

苺のアフタヌーンティーセット

なお、苺のスイーツ3品+選べるスイーツ1品とお好みのお茶が楽しめる『苺のアフタヌーンティーセット』(1,860円・税込み)でも、コラボ商品を選ぶことができます。

期間は2019年1月29日〜3月4日まで、一部店舗を除く全国のアフタヌーンティー・ティールーム、アフタヌーンティー・ラブ&テーブルで数量限定で販売されます。

・合わせて読みたい→ローソンの春スイーツ! 苺づくしのモンブランはクリーミーな味わい

(文/fumumu編集部・fumumu編集部

この記事の画像(4枚)

おすすめ記事