大きく『×』は何の日? 女子大生のスケジュール帳「意外なマイルール」

こんな使い方あったんだ! おしゃれにまとめるだけじゃだめな女子大生のスケジュール管理方法とは

スケジュール帳

新年度がスタートして1ヶ月。やることがたくさんあるこの時期は、一気に新しい予定が入ってスケジュール管理が大変ですよね…。

スケジュール管理をするために、手帳を使っている人も多いでしょう。実際にスケジュール帳を使って管理をしている女子大生に、スケジュール帳を見せてもらいながら、自分だけの「マイルール」について教えてもらいました!

 

■見られたら恥ずかしい! 自己啓発系

「自分の体重を書いています。人に見られる恐怖も自分のやる気につながっています(笑)」(20歳・Hさん)

 

人に見られる可能性がゼロではないスケジュール帳。あまり個人的な事を書くと、いざ置き忘れたときに大変なことに…。もしかしたら、誰かに見られるかもしれない緊張は意外にダイエット効果に期待できるかも!?

 

「飲んだ日は蛍光ペンで黄色に染める。自分がいかにアルコールを摂取しているかわかって驚く」(20歳・Kさん)

 

大学生ならではの利用方法ですね。とくに今頃は新歓や歓迎会で飲み会が続くことも。実践してみると、けっこう黄色く染まってしまうかも!? 飲みすぎには注意しましょう。

 

■強い意志で! 早い者勝ち系

「月の始めに『この日だけは絶対に予定を入れない。いれるものか』と強く心に決めて、日付のマスに大きく『×』をつける」(21歳・Mさん)

 

たくさんの予定を詰めすぎて、息が詰まることもしばしば。前もって予定をいれない日を決めるのは勇気がいるけれど、意思の強さを感じますね。

 

「何もない日をペンで囲んで、そこに入れるべき予定が入ってしまった場合は落ち込みながら消す」(20歳・Sさん)

 

空いている日はついつい嬉しくて囲んでしまう、ってかわいいですね。しかも予定が入ったらがっかりしながら消していくなんて…全部消えないことを願いましょう。

 

■達成感が得られる! やることリスト系

「その日にやることを日付のマスの中に書き出して、無事にやり終わったら消していく。塗りつぶすことでやり切った達成感が得られます!」(21歳・Tさん)

 

塗りつぶされたスケジュール帳はきっと使い終わった後に充実感でいっぱいになるはず! 予定を忘れることも減りそうな気がします。

 

スケジュール帳の使い方は人それぞれ。自分に合った方法を見つけて、上手にスケジュール管理をしたいものですね。

(文/fumumu編集部・haruna

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!