「めだか飼育」ひそかに流行! 独身女子がなぜハマる?

22日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)でも取り上げられた「めだか」。品種が増えた今、色や柄の美しさに魅了される女子達が増えているようです。。

水槽を見る女性
(tongpatong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

22日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)で、ペットとして注目を集めている「めだか」が取り上げられました。初心者でも飼いやすく、育てるのにあまりお金もかからないのだそう。

fumumu取材班の周りにも、最近めだか飼育にハマっている独身女性達が多くいることが判明し、ひそかに流行しているようです。そこで、めだかの魅力について詳しく聞きました。


①癒される

「めだかが泳いでいる姿を眺めているだけで心が落ち着き、癒されます。私が飼っているめだかは『アオメダカ』という品種で、白っぽい色をしているのに、光に当たると青みがかって見栄、とてもきれいです。


餌がもらえるのが分かるのか、水槽に近づくと、私の方に寄ってきてくれるんですよ。小さな口を開けてパクパク食べる姿も可愛く、心がほっこりします」(20代・女性)


めだかの種類は多く、白色系やラメ入りが女子達の間で特に人気があるようです。


関連記事:「お家に帰りたい…」ホームシックになったらどうしてる?

②寂しさが紛れる

「家でめだかが待っている…と思えるだけで、1人暮らしの寂しさが紛れます。『いってきます』や『ただいま』はもちろん、その日にあった出来事とか愚痴など、めだかに聞いてもらっています。


友達に話すのも気が引けるし、家族には心配をかけたくない…なかなか言いにくいことを言える相手がめだかです」(20代・女性)


ただ聞いていてくれるだけの存在って、大切ですよね。


③モチベーションアップに繋がる

「狭い水槽の中でも元気に泳いでいる健気な姿を見ると、『私ももっと頑張ろう!』と、モチベーションアップに繋がります。


めだかに家族を増やしてあげたいし、もっと大きい水槽も飼ってあげたい。大きい水槽が置ける広い家に住みたい…。今まで何となく働いていたところ、めだかが家族になったことで生活にハリができました」(20代・女性)


命を守るために仕事を頑張れる…、ステキですね。


「めだかはパートナー」と語る、独身女子達。一人暮らしに寂しさや辛さを感じている人は、気分転換ができるかもしれませんね。

・合わせて読みたい→もう寂しくない! 一人暮らしでも飼いやすいペット5選

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事