「恋煩い」眠れないほど好きで仕方ないときに彼に迷惑かけずに対処する方法

年末年始、彼氏とラブラブなひとときを過ごしたのも束の間。ちょっと離れるだけで、急に寂しくなるものですが…

(monzenmachi/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

年末年始の長いお休み中、彼氏とずっと一緒に、幸せなひとときを過ごした人も多いのではないでしょうか。

しかし、普段の日常が始まると彼氏となかなか会えなくなり、彼氏のことばかり考えて眠れない、集中できない…と、恋煩いに陥っていってしまうこともありますよね。

そこで、fumumu取材班が恋煩いの対処法について、経験女性達に話を聞きました。

 

①目の前の仕事に集中する

「彼氏と会えない平日の日中は、『彼氏も仕事を頑張っているんだから』と自分に言い聞かせて、目の前の仕事に集中するようにしています。

 

仕事で疲れれば、寝つきが良くなります。おかげで、夜に彼氏のことばかり考えて眠れなくなってしまうことも減りました」(20代・女性)

 

目を閉じるとほかの感覚が敏感になり、彼氏のぬくもりや感触を思い出してしまうんですよね…。

 

②1人になる時間を減らす

「1人になると彼氏のことばかり考えてしまうので…彼氏と会えないときは友達と会ったり実家に帰ったりして、1人になる時間を減らすようにしています。

 

誰かと一緒にいれば気が紛れるので…彼氏と一緒にいられない寂しさの埋め合わせをしています」(20代・女性)

 

彼氏と長く付き合っていくためには、依存しすぎないように工夫することも大切ですよね。

 

③寂しさを糧に自分を磨く

「普段、彼氏とは月に2~3回くらいしか会えないので…会えない時間は、自分磨きのために使うと決めました。具体的には、ネイルやマツエクの手入れを小まめにしたり、ヨガに通ったりなどです。

 

会えない間は、寂しさから不安になってしまうので…自分磨きをして、自分に自信をつけようと思います」(20代・女性)

 

恋煩いでストレスを抱えてしまうと、暴飲暴食に走ってしまうこともあるでしょう。しかし、久しぶりに会って、太っていたり吹き出物ができていたりしたら最悪です。

 

恋煩いは、悪いことではありません。しかし、相手との温度差が生じた場合、重たい女になってしまう恐れもあります。

恋煩いに悩んだときには、参考にしたいですね。

・合わせて読みたい→会えなくても大丈夫! 彼氏が構ってくれなくて寂しいときの対処法3選

(文/fumumu編集部・志都

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!