韓国旅行の不安解消! 女子大生のガチ体験からトラブルを防ごう

今、若い女性に人気の韓国で体験した困ったこととは!?

明洞
(zkruger/iStock Editorial /Getty Images Plus/写真はイメージです)

今、20代女子に大人気な国・韓国。コスメの種類の多さ、グルメの宝庫として1年を通して多くの観光客が訪れます。

しかし、そんな韓国で困ったことも。そこで、fumumu取材班が実際に行ったことがある女子大生達に聞いてみました。

 

■ご飯の量が…

「スイーツの量が全体的に多い。ソルビンとかアイスボンボンはお腹壊しそうだった」(22歳・女性)

 

「マッコリを頼んで、コップでくるのかと思ったら、ボトルで来てびっくり…。1人1本はムリ!!」(21歳・女性)

 

「頼んだ定食があまりにも多すぎて残しました…」(21歳・女性)

 

おいしいグルメが豊富な韓国。量が多すぎて女子には少し厳しかったとの声が多かったです。

韓国女子旅の食べ物は常にシェアした方がよさそうですね。

 

■トイレが…

「明洞の飲食店のトイレがかなり汚かったかな…」(22歳・女性)

 

「トイレットペーパーを流さないで、店のトイレのゴミ箱が散乱していて気分が下がった」(20歳・女性)

 

「トイレの紙がうまく流れなかった」(21歳・女性)

 

韓国のトイレはほとんどが日本と同じ洋式の水洗です。しかし、使用済みのトイレットペーパーを便器に流さず、備え付けのゴミ箱に捨てるのが日本との大きな違い。これを知らずに、トイレットペーパーの使い方に戸惑う人が多いようです。

トイレが汚いのもある程度覚悟したほうがいいかも。

 

次ページ ■夜のキャッチが…

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!