高級食材「ウニ」がカップヌードルに! でも中身は”ほぼウニ”?

『カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム』を実食してみました。

カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム

19日、日清食品の新商品『カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム』が発売されました。「カップヌードル リッチ」シリーズは、贅沢な味わいが特徴のプレミアムタイプで、本品は第7弾。

fumumu取材班は、早速味を体感するため、実食してみました。

 

■寿司ネタとしても人気のウニが…

主役となるのは、高級寿司ネタとして人気の「ウニ」。濃厚な甘さととろける舌触りが特徴ですが、カップヌードルとうまくマッチするのでしょうか。

カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム

裏面には「6.9%使用」と記載されているが、多いのか少ないのか正直わからないですね。

さらに気になるのは、「カルシウムたっぷり」の文字。調べてみると、ウニは古くから「海のホルモン食」と呼ばれており、「たんぱく質」「カルシウム」「ビタミン」などの栄養素が豊富に含まれているのだそうです。

 

■ウニに似せた「ほぼウニ」登場

開封すると…固形のウニらしい物体とブロッコリーが入っています。試しに匂いを嗅いてみると…キノコのような香り。

カップヌードル リッチ 贅沢濃厚うにクリーム
ウニの乾燥なんて初めて…と思いパッケージをよく眺めると「魚肉練り製品」の文字。どうやら、ウニの味わいをこだわり抜いて再現した具材のようです。

「6.9%使用」の意味が理解できました。お湯で戻すと、どんな味がするのか楽しみです。

 

次ページ ■コクがあるのに後味スッキリ

この記事の画像(7枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!