寒い季節にぴったり! 簡単にできる彼氏ごはんレシピ3品

料理が2人の距離を縮めるかも?

グラタン

だんだん寒くなってきて、外食も少しおっくうになってくる頃ですね。

そんなとき、おうちで彼がよろこぶ料理を作ってあげれば愛情も深まるかも。

冷えた体と一緒に心までポカポカになれる簡単レシピを3品作ってみました。

 

①オムライス

材料
【ケチャップライス】(2人分)
・お米(硬めに炊くor冷やご飯がオススメ):2合
・玉ねぎ:1個
・にんじん:1本
・お好きなお肉(とり肉やベーコン、ウインナーなど):200g
・ケチャップ:100g
・にんにく(チューブ可):1かけ
・あらびきコショー:少々

 

 【ふわふわ卵】(2人分(写真は1人分))
・卵:4〜6個
・牛乳:大さじ4
・マヨネーズ:小さじ2
・バター:20g

 

①【ケチャップライス】を作ります。ニンニクを細かいみじん切りにします。玉ねぎ、にんじん、お肉を1cm角のみじん切りにします。


②フライパンに油を熱し、ニンニクを入れ、いい香りがしてきたら玉ねぎとにんじんを入れ、玉ねぎがしんなりしてくるまで炒めます。


③お肉を投入して火が通るまで炒めます。


④ご飯を入れ、具材が行き渡るようによく混ぜます。


⑤ケチャップを投入して、コショーをかけて混ぜればケチャップライスの完成です。


⑥【ふわふわ卵】を作ります。ボールに卵と牛乳とマヨネーズを入れて混ぜます。


⑦フライパンにバターを熱します。


⑧バターが溶けきる前に卵を投入し、フライパンをさするように動かし続けながら、卵をぐるぐると混ぜます。卵が固まってきたら手を止め、ふわふわ卵の完成です。

⑨丸いおわんにケチャップライスを入れ、綺麗に丸くなるようにお皿に出します。

⑩上に卵をスライドさせ、ケチャップをかければオムライスの完成です!

オムライスの卵を作るときに一番大切なのは卵を焼くフライパンがテフロン加工で、焦げつかないものであること。
最初の15秒間は頑張ってフライパンと菜箸を動かし続けましょう。

 

②シチュー

・材料(2人分)
にんにく(チューブ可):1かけ
エビ(冷凍可):好きなだけ
玉ねぎ:1個
にんじん:1本
きのこ(マッシュルームやシメジなど):好きなだけ
塩こしょう:少々
【A】
トマト缶:1缶
お水:300ml
コンソメキューブ:4個
(大さじの場合2.5杯)
【B】
牛乳:200ml
生クリーム:100ml
(生クリームがない場合牛乳でもOK)

 

①にんにくを細かいみじん切りに、玉ねぎとにんじんは2cm角、きのこは食べやすい大きさに切ります。


②フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱し、にんにくを入れていい香りが漂ってきたら中火でエビを1分ほど炒めます。


③玉ねぎとにんじんを入れ、玉ねぎがしんなりするまで炒めます。


④玉ねぎがしんなりしたらきのこをいれます。塩こしょうを少々ふりかけ、きのこがしんなりするまで炒めます。


⑤きのこがしんなりしてきたら【A】を入れ、10分ほど煮込みます。


⑥10分ほどたったら【B】の材料を入れ、ポコポコと沸騰して煮立ったら味見をします。薄かったら塩こしょうやお砂糖などで味を調えましょう。

⑦器に入れて完成です。

 

③マカロニグラタン

・材料(2人分)
とりもも肉:150g
玉ねぎ:1個
バター:20g

【A】
牛乳:400ml
マカロニ:50g
コンソメキューブ:2個
(大さじの場合1.5杯)
砂糖:大さじ1.5

小麦粉:大さじ2
塩こしょう:少々
とろけるスライスチーズ:2枚
粉チーズ:好きなだけ
パセリ:好きなだけ

 

①とり肉を一口大に、玉ねぎは2mmくらいのうすぎりにします。


②バターを熱し、とり肉と玉ねぎを入れ、中火で玉ねぎがしんなりするまで炒めます。

③火を止めて小麦粉を入れ、よく混ぜます。結構重ためですが、頑張って混ぜましょう。
④【A】を入れてとろみがつくまで煮込みます。10分ほどでトロトロになってくるので、塩こしょうで味を調えます。オーブンを使う場合、200℃に予熱しておきましょう。


⑤耐熱容器にグラタンを入れ、上にスライスチーズをのせて粉チーズをふりかけます。


⑥オーブンの場合200℃で10分ほど、トースターの場合も10分ほど、魚焼きグリルの場合は予熱なしで7分ほど加熱して、上のチーズがこんがり焼けたら完成です。機械の種類によって火の強さが違うので、焦げないように気をつけて見守ってあげましょう。

簡単に作れるレシピを紹介しているので、一緒に作るのも楽しいかも! 楽しい時間とおいしいご飯が2人の距離を縮めるかもしれません。

ぜひ挑戦してみてくださいね♪

・合わせて読みたい→本場の味が簡単に! ルーから自作する「こだわりバターチキンカレー」

(文/fumumu編集部・ぴっぴ

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!