ブラジルにもビーフストロガノフがある? ロシアじゃないの?

ポテトフライも一緒に食べるのだそうです。

ストロガノフ
(LapetinaPhoto/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「ビーフストロガノフ」と聞くと、ロシアの代表的な「牛肉の煮込み料理」をイメージすると思います。

一方で、南半球のブラジルでもビーフストロガノフは非常にポピュラーな家庭料理となっており、とってもおいしいのだそう。

fumumu取材班が南米好きな女性達に聞いてみました。

 

■なぜブラジルでストロガノフ

ビーフストロガノフは、元々ロシアの料理。しかし、ロシアからブラジルに移民してきた人たちによって独自に南米流に進化していったそうです。

南米風のビーフストロガノフには、揚げたポテトが添えてある点が特徴的。

ワンプレートに盛り付けることによりカフェ風に見えますね。

View this post on Instagram

ESTROGONOFE DE CARNE você vai precisar de : 1 kilo de filé mignon ( ou alcatra ou patinho ) cortada em tirinhas e temperadas com sal e pimenta à gosto. 1 colher de sopa de manteiga 200g de champignon 1 cebola picada 2 colheres de molho inglês 1 lata e meia de creme de leite sem soro 10 colheres de catchup 1 colher de mostarda Modo de preparo : Em uma frigideira , frite aos poucos os pedaços de carne na manteiga à gosto. Doure a cebola em outra panela , adicione o champignon e misture a carne. Adicione o molho inglês e misture. Em um outro recipiente misture o creme de leite , a mostarda e o catchup e coloque na carne , ferva por 5 minutos e está pronto para servir. #Estrogonofedecarne #nhamnham #chefflestrange

A post shared by Cheff Lestrange (@chefflestrange) on

 

■南米風の進化

ビーフストロガノフと名前が付いているだけあって、牛肉で作られるのが一般的なイメージですよね。

ただし、南米風のレシピでは鶏肉を使うチキンストロガノフを作る家庭も多いのだそう。また、サワークリームではなく、生クリームを使うことも特徴のひとつ。

さらに、豚バラやベーコン、シーフードなど様々な具材を使ってアレンジされた進化版ストロガノフも作られているようです。

今回話を聞いた南米通の女性の中には、最初に食べたストロガノフの味が忘れられなくて、そこから南米にハマったと語る人もいました。

 

これから寒くなる季節、ちょっとアレンジしてブラジル風ストロガノフを作ってみてもおいしそうですね!

・合わせて読みたい→家で簡単に作れる! ちょっと変わり種なホットドリンクおすすめ3品

(文/fumumu編集部・mao88

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!