『春になったら』5話 父と娘の噛み合わない本音に視聴者「エゴかも」

日常を守りたい余命わずかの父vs普通ではいられない娘の衝突に「難しい」の声多数。

12日放送のドラマ『春になったら』(フジテレビ系)の5話「涙の大喧嘩再び!すれ違う父娘の想い」。

自らのエンディングに向き合う父とそれを受け入れられない娘。自分はこうしたいという気持ちと、相手にこうしてほしいという2人の本音が生んだラストに、頭を抱えてしまった視聴者が多かったようです(ネタバレを含みます)。


■きっかけは人生ノート

ステージ4の癌を患う父・雅彦(木梨憲武)は、徐々に蝕まれていく体に不安を覚えていた矢先、主治医から”人生ノート”を書いてみるのはどうかと提案されます。人生ノートとは、いわゆるエンディングノートのこと。これまでの人生を振り返ったり、最期をどう迎えたいかなど自分を見つめ直すためのものです。

雅彦は早速、好きな食べ物から葬儀のことまでさまざまな事柄を書き込んでいきました。

そんなある日、娘・瞳(奈緒)は「忘れられない思い出」の欄に、「瞳が産まれたとき」と記されているのを目にします。


関連記事:成田凌、津川雅彦さんの“忘れられない助言”明かす 「学ぶことだらけだった」

■娘の希望と願望

雅彦が自分のことをいかに大切に思ってくれていたかをあらためて知った瞳は、今は雅彦のことを最優先したいと考えます。瞳の希望は、何を差し置いても雅彦に寄り添っていたいということ。

時を同じくして、婚約者・一馬(濱田岳)は瞳と結婚するために、お笑い芸人をやめ塾講師として正社員になる話を受けていました。

ところが瞳は、一馬の就職報告に複雑な表情…。なぜなら雅彦に悔いのない時間を送ってもらうことこそが、今の瞳の一番の願いであり、自分の幸せを考える余裕はなかったのです。


関連記事:CHARAの娘・SUMIREが生放送に出演 “瞳の色”に視聴者驚き 「硝子玉みたい」

■父の希望と願望

病気の治療を受けないのは、最後まで瞳の父親でいたいからだと言っていた雅彦。その言葉通り、雅彦の希望は自分らしく生き抜いて、これまで通りの日常を送り続けることでした。

一馬の息子の「僕はお笑い芸人をやめてほしくなかった」と言う言葉に重ねて、雅彦は「そうだよな。人に言われて簡単にやめるなんてさ、君(一馬)の覚悟はその程度だったのかよ」と一蹴しましたが、この言葉は一馬に向けられたようで、瞳への言葉でもありました。

瞳の結婚を反対したのは心配するがゆえ。雅彦にはその心配以上に瞳に幸せになってほしい、幸せになることを諦めてほしくないという願望があったのでした。


関連記事:みちょぱの魅力を伊集院光が分析 「合いの手が天才的にうまい」

■相手のためは「エゴ」という意見も

就職のことで一馬を責めた雅彦に反論した瞳ですが、反対に「瞳はカズマル(一馬)に芸人やめてほしくないんだよ」と本心を言い当てられます。図星だった瞳は、ついに「今はそれどころじゃないの。お父さんのせいだよ」とこぼしてしまいました。これを聞いた雅彦は、心配などせずにこれまで通りでいいと本音を言いますが、瞳もまた「お父さんがこんなときに、結婚なんて無理だから」と返すのでした。

この切ないラストにSNSではこんな声が。

「最初はお父さんも瞳も自分の気持ち大優先だったのに、お互いの本当の気持ちとか深い部分で考えてることを知ったり理解しようとしていることで、ますますすれ違っていく、、どうかみんなが幸せな着地点を見つけられますように」「自分がいなくなるって知っても変わらず接して欲しいって気持ち分かるけど、それこそエゴなのかもなって。愛が大きいから今まで通りを求めるけど、想いが強いからそう上手くはできない。新しい関係を築かなくちゃいけない」「それぞれが相手を思いやってるけど、相手にとっては“そうじゃない”のが苦しいね」「お父さんの気持ちもわかるんだけどね、瞳の気持ち考えちゃうと結婚したいと思ってもお父さんのことがあると絶対できる気持ちな訳もないし、、、」「この状況、誰のせいでもないし、誰も悪くないのがキツイ。どうするのが今1番いい選択なのか…誰にも分からないよなぁ」

本人の幸せは本人にしかわからないもの。お互いの”相手に幸せでいてほしい”という気持ちは、場合によってはただの押し付けになってしまうのかも…?

次週は2/19(月)22時〜放送です!

・合わせて読みたい→成田凌、津川雅彦さんの“忘れられない助言”明かす 「学ぶことだらけだった」

(文/fumumu編集部・福野 エリカ

Amazonタイムセール&キャンペーンはこちらからチェック!

この記事の画像(1枚)