真似れば自己肯定感アップ! 「メンタル強め」女性がやってるルーティーン

慌ただしい年末はストレスがたまりがちですが、そんな時こそ、強いメンタルを持って乗り越えましょう。

女性 前向き

メンタルが強めの女性は、日々のイライラやストレスを上手に乗り越え、輝きを増しています。

彼女たちが実践していることを真似すれば、自己肯定感がアップし、強いメンタルを育てる手助けとなるかもしれません。

fumumu取材班が、メンタル強め女性がやってるルーティーンについて詳しく聞きました。


①気分が上がる洋服を着る

「お気に入りの洋服を着ることで自分に自信を持つことができ、気分も明るくなります。結果、いつもより積極的になれたり、新しいことに挑戦できたりします。


ただ、自分が気分が上がるからと言って、周りが不快に感じるような服装はNG。露出が控えめで清潔感のある服装は誰からも好感を得やすく、場の雰囲気も良くなりますよ」(30代・女性)


関連記事:ポジティブじゃなくてもいい! 後ろ向きな自分を認める3つの方法

②相手の反応で自分の価値を図らない

「相手の反応と自分の価値は別! 周囲に『何をしてもらえるか』ではなく、自分が『何をしたいか』を基準に行動すると、結果にも責任を持てるようになります。


大事なのは、自分で自分を信じること。試練が多い時ほど『私は主人公! これを乗り越えたら成長できる』と、自分に言い聞かせて気持ちを立て直しています」(20代・女性)


関連記事:これをしてたら要注意? 自己肯定感が低いときにする行動

③失敗を糧にする

「『WIRED』編集長のケヴィン・ケリーによれば、『本当の自分を知るには失敗しなくてはならないし、うまくいかないことを経験しなくてはならない』のだとか。


大人になると、失敗を恐れて新しいことにチャレンジしなくなりがちですが、それだと世界が狭まってしまって、もったいない気がします。


大抵の場合、自分が思うほど周囲は他人の失敗を気にはしていません。それに大失敗は大失敗で、逆に話のネタになりますよ(笑)」(30代・女性)


関連記事:「自分はダメだ」はもうやめよう 自尊心を育む3つのマインド

④自分の気持ちに素直になる

「相手の顔色を伺って自分の気持ちを抑え込んでいると、どんどん自分に自信がなくなってしまいます。


もしも自分の言葉で気持ちを伝え、それが受け入れられないのだとしたら、その相手とは縁がないということ。


受け入れられなかったことが、自分の価値や魅力を減少させはしません。むしろ、自分の気持ちや考えを率直に表現したことは、自分を大切にし、真剣に向き合った証でもあると思います」(20代・女性)


強く、輝く女性への一歩を踏み出すために、できるところから真似してみたいものですね。

・合わせて読みたい→これをしてたら要注意? 自己肯定感が低いときにする行動

(文/fumumu編集部・志都

かやのや 【季節限定】茅乃舎 にゅうめんだししょうゆ 1食×2袋【Amazonでチェック】