彼女の女友達にまで嫉妬…「独占欲をこじらせすぎた」男子の発言3選

こじらせすぎた独占欲のために…

嫉妬する男性
(jimmyan/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

恋人が異性の友達と会うなら、嫉妬する気持ちは理解できる人も多いでしょう。しかし同性の友達でさえ嫉妬するとなると、理解に苦しむ人も多いかもしれません。

 

■20代男性は彼女の友達にやきもちを焼く

fumumu編集部では全国20〜60代の恋愛経験のある男女1,038名を対象に、恋人の友達に嫉妬したことがあるかの調査を実施しました。

恋人の友達に嫉妬グラフ「嫉妬したことがある」と答えた人は全体で21.7%と、やはり一定数はいるようです。

性年代別では、20代男性が一番高い割合になっています。

恋人の友達に嫉妬性年代別グラフ男性は意外に嫉妬深いのかもしれません。

取材班は、3人の女性に彼氏が女友達に嫉妬して困った話を聞きました。

 

①「俺と友達どっちが大切?」と聞く男性

「私には長い付き合いの親友がいて、その子には仕事や恋愛の悩みなんかもよく聞いてもらうんです。だけど彼氏に「彼女と会っていろんな話を聞いてもらった」って言ったら、とても機嫌が悪くなりました。

 

『どうしたの?』って聞いたら、『悩み相談なら、俺にしてくれたらいいじゃないか。俺とその子、どっちが大切なんだよ?』と怒り気味に聞いてきたんです。

 

そもそも彼氏と友達なんて、立場がまったく違うじゃないですか。『どっちも大切だから』と答えたから今でも気まずいままなんです。私、間違ってますか?」(20代・女性)

 

②同性の友達と遊びに行くのに彼氏の了解がいる

「前に付き合っていた男性は、私が勝手な行動をするのが嫌で束縛ばかりする人でした。男友達になら嫉妬する気持ちはわかるけど、女の子の友達と遊ぶときまで不機嫌になるから大変でした。

 

だんだんと束縛はひどくなり、『友達と遊びに行くなんて、俺は聞いてなかった。今度から、ちゃんと言うようにして』とまで言われて、『これはダメだ』と思いましたね」(20代・女性)

 

③女子会について来ようとする彼氏

「心配性の元カレは、『女の子だけの集まり』と言ってもなかなか信じてくれませんでした。『本当は男がいるんじゃないの?』としつこく言ってきたので喧嘩になり、それからは詮索しなくなったのですが…。

 

代わりに『俺も一緒に行きたい。友達に紹介するのに、ちょうどいいでしょ?』とか言って、女子会について来ようとするようになったんです。

 

そんなやり取りに疲れてしまって、別れることになりました」(20代・女性)

 

細かいことで嫉妬せずに、堂々としていたほうがかっこよく見えるのですが…。

・合わせて読みたい→恋する気持ちは体に悪い? こじらせると相手にあたることも…

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年8月31日~2018年9月3日
対象:全国20代~60代の恋愛経験のある男女1,038名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!