ラランド・ニシダ、TikTokerの女性に蹴られる被害 「意味が分からなくて」

ニシダさんが街中でのTikTokerとの攻防戦を報告。激怒した相手から蹴られる被害を受けたそうです。

ラランド・ニシダ

19日配信の『ラランドの声溜めラジオ』(GERA放送局)にて、お笑いコンビ・ラランドのニシダさんが、TikTokerに蹴られたことを報告。

ニシダさんとTikTokerの攻防戦が語られました。


■TikTokerから「邪魔なんですけど」

「この間、TikTokerに怒られたんだよね。道端で」と切り出したニシダさんは、先日、東京駅前に立っていたところ「すみません。邪魔なんですけど」と2人組の女性に声をかけられたそう。

女性たちはキャリーケースの上にスマートフォンを立てて置いており、まさに今から撮影しますといった感じだったのだそで、ニシダさんは「ああ、すみません」と返したものの、「退くみたいな感じで、退かなかったのね」と振り返りました。


関連記事:ラランド・ニシダ、ガチ恋ファンからの誘いを寸前で回避 「理性が勝った」

■ニシダの対応に「おまえもヤバいな」

この対応に「怖っ…ええ?」と驚くサーヤさんですが、ニシダさんが「立ってること自体悪いことじゃないし、いいかなって思って」と説明すると、「確かになぁ。撮影するほうが迷惑だし」と、納得。

ニシダさんが離れなかったため、しばらくして再び女性たちは「だからー」とニシダさんの元へ。「すみません。あの、邪魔なんですけど」と言う女性たちに対し、ニシダさんは「分かりました」とは言いつつ、またその場からは離れなかったのだそう。

「おまえもヤバいな」と呆れるサーヤさんでしたが、ニシダさんは「なんで退かなきゃいけないのか、意味が分からなくて」と持論を展開。その後もう1度女性たちから場所を退くように言われるも、「申し訳ないです」と言いながらその場に居座り続けたといいます。


■その場に居座り続けた結果…

女性たちからの圧を感じつつも無視を続けたニシダさんでしたが、ついに相手が激怒。

「けっこうブチ切れてて、まず1発目がスネだったのね」と、ニシダさんはスネを蹴られ、「『退けって言ってんじゃん』って言われた」と、女性たちから蹴りと暴言を吐かれたといいます。

さすがにこれ以上はヤバいと思ったニシダさんは、一旦その場から離れたものの、女性たちが撮影をしている様子を遠くから見て、今度はカメラにギリギリ映り込む位置まで移動し、仁王立ちでずっと見つめるという行動に出たそう。

女性たちは何度か撮り直しをしていたようで、ニシダさんは「4回目の取り直しぐらいで、気づいたっぽいのね。確実にこっちを見て、こっち歩いてきたんだけど、急いで逃げました」と明かしました。


■迷惑TikTokerに苦言

ニシダさんも煽るような言動をしていたものの、「うんこインフルエンサーに絡まれやすいんだよね。かわいそうにな」と同情するサーヤさん。

サーヤさんもテーマパークや街中でのTikTokerの行動には思うことがあるようで、「法律なかったら顔にうんこ投げたい」「一般人の普通のダンスのなにがいいんだろうな」との苦言を呈しました。

このエピソードにリスナーからは「tiktokの治安の悪さに触れてくれるの好感もてる」「ニシダもTiktokerもやばくて草」「TikTokerとニシダの闘いめちゃすき」などの声があがっています。

・合わせて読みたい→ラランド・ニシダ、新成人の集団に絡まれ苦戦 「ネイルで手の甲刺されたり…」

(文/fumumu編集部・みやび

TikTokビジネス最強の攻略術【Amazonでチェック】

おすすめ記事