『ヒルナンデス』王林がマイク握った瞬間… “歌声”にスタジオ驚嘆「すげぇ!」

生放送でカラオケを歌うことになった王林さん。普段のキャラクターとのギャップにスタジオがどよめきました。

王林

2日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)に、タレントの王林さんが出演。

番組の企画でカラオケを歌うこととなり、圧巻の歌唱力にスタジオがどよめく一幕がありました。


■名曲をリレー形式で歌う企画

同日の放送では、誰もが知る名曲を出演者たちがリレー形式で歌い、歌詞を間違えずに歌い切ることができれば、「令和の歌マネヒロイン」として話題の歌手・よよよちゃんがサビを歌ってくれるという企画を実施。

カラオケ同様に歌詞が表示されるものの、途中で一部の歌詞が二択問題として表示され、正しいほうを選んで歌えるかどうかが注目されました。


関連記事:みちょぱ、王林の独特すぎる食リポに苦笑 「どういうこと?」

■王林が歌い始めた瞬間「すげぇ…!」

まずは、タレントの西野未姫さんとお笑いコンビ・ぺこぱのシュウペイさんが、松たか子さんの『レット・イット・ゴー~ありのままで~』で挑戦。その後、タレントの久本雅美さんと番組司会の南原清隆さんが、イルカさんの『なごり雪』を歌い上げ、よよよちゃんの生歌にも拍手が沸き起こります。

そして、3曲目に出題されたMISIAさんの『Everything』を、王林さんとお笑いタレントの陣内智則さんが歌うことに。

はじめは「インスピレーションでいきます!」とあまり自信がなさそうに見えた王林さんでしたが、いざ歌い始めると、自然なビブラートがかかった見事な歌声に、スタジオからは「すげぇ…!」「王林ちゃんうま!」「メチャうまじゃねぇか!」と驚く声が止まらず。


■「普段とのギャップにびっくり」絶賛の嵐

途中で陣内さんが歌詞を間違えてしまい、サビまで繋げられなかったものの、王林さんの歌声の衝撃にスタジオはしばらくザワザワ。

インターネット上でも視聴者から、「王林ちゃん歌うますぎて目玉とび出そう」「モノマネの人も普通に上手いんだと思うけど、王林ちゃんが予想外に歌が上手すぎた」「こんなに歌上手いの!? 普段とのギャップにびっくりした」「そのままサビ聴きたかった笑」と、驚く声が相次いでいます。


■今年の『24時間テレビ』でも話題に

バラエティ番組でのお茶目なキャラクターが印象的な王林さんですが、彼女の実力を知る人々からは「王林ちゃんは天真爛漫で訛っててぽやっとしてるのに高身長で歌声がクールなのがギャップ萌えなの…」としみじみつぶやく声が。

今年8月に放送された『24時間テレビ』(同系)にて、広瀬香美さんの『ロマンスの神様』をカバーした際にも、本家に負けないパワフルな歌声に「歌上手すぎて見入っちゃった」と絶賛する声が続出し話題に。

2日の放送でも、王林さんのギャップに多くの人が魅了されたようです。

・合わせて読みたい→チョコプラ長田、「髭男」の名曲を披露 歌うますぎてスタジオ爆笑

(文/fumumu編集部・衣笠 あい

トライエックス 2023年 王林 カレンダー【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事