ラランド・サーヤ、なりすましへの開示請求を通告 「もう進んでますんで」

ラランド・サーヤさんが、インスタグラムでのなりすましアカウントに対し、開示請求をするつもりであると報告しました。

ラランド・サーヤ

24日放送の『ラランド・ツキの兎』(TBSラジオ)にて、お笑いコンビ・ラランドのサーヤさんが、自身のなりすましアカウントに対し、発信者情報開示請求を進めていることを明かしました。


■なりすましの巧妙な手口を暴露

先日、インスタグラム上にサーヤさんのなりすましアカウントが誕生したことが発覚。

問題のアカウントは、サーヤさんの昔の写真をプロフィール画像を設定し、アカウント名には「サーヤ プライベート垢」と鍵の絵文字が使われていたそう。さらには、サーヤさんのインスタグラムのフォロー欄から有名人ではないアカウントを調べて、フォローしていくという手法をとっており、フォローされた側もサーヤさんのプライベート垢と勘違いして、フォロー返しをしてしまっていたのだとか。

なりすましからフォローされていたのは、サーヤさんの学生時代や以前に働いていた職場の同僚たち。フォローを返すと「フォロー早w」とコメントが返ってきたとの報告を受けたサーヤさん。「私、『w』とか使わないから」と、怒りを滲ませました。


関連記事:ラランド・サーヤ、熱愛報道への “回答書”にファン爆笑 「ニシダに飛び火」

■開示請求をする理由は…

なりすましはインスタグラム上だけでなく、フォローを返してきた相手とメッセージのやり取りをしてLINEに誘導。

LINEでもサーヤさんになりすまし、「今度『水曜日のダウンタウン』(TBSテレビ)に出る」と言ったり、YouTubeでこんな企画をやると話しているのだとか。しかし、そのなりすまし犯は、サーヤさんの先輩に対してタメ口でメッセージを送る失態を犯してしまい、そこからなりすましの存在が発覚することに。

サーヤさんがその報告を受けたのは、仕事でタイに向かう飛行機の離陸直前。サーヤさんはタイまでの7時間をずっと不安なままで過ごすこととに…。

タイに到着後も、スタッフや相方のニシダさんが「暑いねー」などと盛り上がるなか、必死でスマートフォンと向き合っていたというサーヤさん。最終的になりすましアカウントは削除され、金銭被害などはなかったそうですが、「(タイでの)1日目を楽しめなかったという理由で開示請求してやろうと思って」と宣言します。


■様々なことを考え不安に

サーヤさんにとっては10年振りのタイだったそうで、なりすましアカウントのせいで「ファーストリアクション奪われてる」ことが許せなかったそう。

飛行機に乗っている間も、1度も撮った記憶はないものの、昔の知り合いを辿られて「裸の写真流出されたらどうしよう」とまで考えてしまい、なりすまし犯へ「もしこれ聞いてたら、どうかお元気で過ごしてください」「必ずたどり着きます。もう進んでますんで。コトは」と、すでに弁護士に相談していると明かしました。


■「炙りだしたい」とやる気に

サーヤさんの開示請求への意気込みを聞いたニシダさんは「犯人は、サーヤさんのタイへの気持ちを軽んじてる」と指摘。またサーヤさんは「弁護士さんが言うには、『僕が担当してきたなかでは、犯人はめちゃくちゃ近くにいることが多い』」とも言われたそうで「これはちょっと炙りだしたい」と気合いを入れます。

これにはリスナーも「人の時間を奪ったんだから当たり前だよね」「なりすまし、ドキドキしてんだろうなぁ」「サーヤちゃんになりすまそうとした心意気すご」など、サーヤさんを応援する声があがっています。

・合わせて読みたい→ラランド・ニシダ、1日8食生活も… 「OLのお弁当くらいしか食べない」

(文/fumumu編集部・みやび

自分で出来る!発信者情報開示請求手続のすべて【Amazonでチェック】

おすすめ記事