中村ゆりは「クールでちょっと近寄りがたい雰囲気の美人顔」:顔相鑑定(180)

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は、女優の中村ゆりさんを鑑定。

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は11月4日から公開中の映画『窓辺にて』に出演している女優・中村ゆりさん。

主演の稲垣吾郎さんがフリーライター市川茂巳を演じ、中村ゆりさんはその妻で編集者の紗衣を演じています。

「喜怒哀楽の4つでは収まりきらないような」複雑で繊細な人間の感情を表現した映画となっています。


■『パッチギ!』でブレイクする前

中村ゆり

2007年に公開された映画『パッチギ! LOVE&PEACE』で、2007年度全国映連賞女優賞などを受賞し、女優としてブレイクして中村ゆりさん。

『ASAYAN』(テレビ東京)で、アイドルデュオ「YURIMARI」としてデビューしたあの美少女が女優になっていたことに驚きましたが、その後も多くの映画やテレビドラマに出演して活躍しています。

今回はアイドル時代から22年が経過し、40歳となった中村ゆりさんの「変わったところ、変わらないところ」を中心に見ていきます。


関連記事:顔相鑑定㊱:前田敦子、ストイックな絶対センターから「伝説のお母さん」の顔に?

■上昇眉と触覚眉のアイドル時代

大きく変わったところは目元の角度です。アイドル時代は目がツリ上がっていて、眉が極端に上がった「上昇眉」をしていました。どちらも積極性、我の強さ、上昇志向を表す、野心家に多い顔相です。

また、細く整えていたのは神経質で多感な性格を表し、眉山をはっきり作った角張ったコーナー眉にしていたのは頑固で主張を曲げない性格を表していました。

ただ、「上昇眉」も昆虫のような「触覚眉」も中村ゆりさんがアイドルデビューした1990年代後半から2000年代前半にかけて流行していたメイクだったのです。

中村さんと同い年で、同じくアイドルとしてデビューした深田恭子さんも当時は「上昇眉」と「触覚眉」をしていました。

続きを読む ■眉メイクを変えると心も変わる

【正規品】シカマイルドフォームクレンザーでもちもち 毛穴ケア【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事