オードリー、“2人きりドライブ”の会話に視聴者は感動 「グッときた」

夜のドライブで思わず出た2人の本音とは…?

オードリー・若林正恭・春日俊彰20日放送の『じゃないとオードリー』(テレビ東京系)にて、MCを務めるお笑いコンビ・オードリーが、お互いへの本音を明かす一幕がありました。


■若林の去り際のセリフ

カメラが回っているときと、回っていないときの「オンオフの差が激しい」と言われる2人。今回は1日「オン」で過ごし、関わる人全員を笑顔にする「オフゼロオードリー」の企画を実施しました。

普段は本番以外は、まったくしゃべらないそうですが「収録後にカッコいい言葉を言え!」のミッションでは、収録の間に共演者に積極的に話しかけ、笑顔が生まれます。

そして去り際、若林正恭さんは「みんなの大事な時間の中で仕事させてもらっている。これからもいい番組作って行こうや」と言えるまでに。


関連記事:オードリー若林、恋人報道後のアンガ田中の様子を激白 「やたら上から来る」

■「俺の負けだよ」

さらに「ニセ取材でインタビュアーに『さすが漫才師ですね』と言わせる」ミッションも、目の前で漫才を始めてクリアし、最後のミッション「お互いを笑わせ合って帰れ!」では、若林さんの自家用車に春日俊彰さんを乗せ、ドライブを開始。

若林さんが「いつ振りだ? 2人で車に乗るの」「今日やってみてどうだった?」と話し始めると、「いいことではないよね、集中できてない」と答える春日さん。

すると、若林さんは「みんな本番でエネルギー放出するから、喋りたくないんじゃないかなと思っていたけど、話しかけたら番組が明るくなった。だから俺の負けだと思った。でも人間ってコミュニケーションする動物だよ」と笑いました。

続きを読む ■しみじみと反省

ウォーターサーバーがなくてもこれでOK! 日田天領水BOX 12L×2個【Amazonでチェック】

おすすめ記事