フジモン「夫婦で仕事をし出すと危険」と持論を展開 ケンカ後の大変さも回顧

夫婦共演していた『ヘキサゴン』で大変だったことは…?

藤本敏史12日放送の『あちこちオードリー」(テレビ東京系)に、お笑いコンビ・FUJIWARAの藤本敏史さんが登場。

自身の経験から得た「芸能界が生きやすくなる教訓」を明かしました。


■タレント夫婦の共演はラク

今回の「私の教訓どうですか? 芸能界が生きやすくなる参考書を作ろう!」のテーマでは、藤本さんが 「夫婦で仕事をし出すと危険」 と言う持論を発表しました。

「俺のことじゃないよ」と否定しつつも、「タレント同士の夫婦。夫婦で共演し出すと旦那の本業が疎かになる」と主張。その理由を「夫婦で出てると、家庭に入ってくるギャラが単純に2倍になるし、ラクなのよ」と説明します。

「旦那が芸人やと、どんどん面白くなくなっていく。汗かかなくなって、お金が2倍になったらそうでしょう」と問いかけると、MCを務めるお笑いコンビ・オードリーの春日俊彰さんが「仕事量少なくてお金がたくさん入ってくるんですもんね」と納得。


関連記事:フジモン、ガヤ術を伝授 女性芸人も「NSCの講師みたい」と納得

■オファーは選んで出演

そこで、同じくオードリーの若林正恭さんが 「結構(タレント夫婦は)いますから…」と苦笑すると、藤本さんは 「ちゃんと本業に力を入れてやってる旦那はOKやで」とフォロー。

当時、藤本さん夫婦へのオファーはたくさんあり「元嫁がレギュラーの番組だったら出る」と選んで出演、「『BISTRO SMAP』は出た」 と 『SMAP×SMAP』(フジテレビ系) 内のコーナーを挙げ、笑いを誘いました。

さらに、春日さんの「ご夫婦で出てて『ちょっとこれは危ないな』って思ってらした?」との質問には「いや、2人で出てるのは全く不安要素はなかった。また別のところやな、離婚理由は」と神妙な様子で回答しました。

続きを読む ■夫婦ゲンカの翌日でも共演

人気の韓国パック『メディヒール』 11種類 X 各2枚の全22枚セット【Amazonでチェック】

おすすめ記事