ラブホテルの経験がない男子増加中! 男女でホテル選びのポイントに差も

一人暮らしだと、利用する機会もないようで…

ホテル
(rilueda/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

ラブホテルを利用するカップルは、主にお互いが実家暮らしのパターンが多いのではないでしょうか? 中には不倫など、表に出せない関係の人たちもいるかもしれませんね。

またいつもと気分を変えるために、あえてラブホに行くこともあるのだそうです。

 

■約3割がラブホの利用経験なし

fumumu編集部では、全国20〜60代の性体験がある男女1,151名を対象にラブホテルの利用について調査を実施しました。

ラブホテルを利用したことがないグラフ
「利用したことがない」と答えた人は全体で28.1%と、およそ3人に1人もいることが判明。性体験がある人に対しての調査と考えると、意外に多いと言えるかもしれません。

 

■若い男性がラブホ離れしている理由

20代に注目すると、女性よりも男性の割合が多くなっています。

ラブホテルを利用したことがない性別・年代別グラフ

今回の調査は経験済みの人が対象ですが、若者の性離れも関係しているようです。

「短い期間付き合った子と、数回しただけです。そのときは家でして、『ラブホも行ってみたいな』と思っているところにフラれてしまいました。

 

それ以来、ずっと彼女ができないので、ラブホに行く機会もありません」(20代・男性)

 

■ラブホを利用する理由

ラブホを利用する人のほとんどは、家ではできない理由があります。

「お互いに実家だから、ラブホに行くしかありません。ただ学生なので、ラブホ代の出費は大きいですね。バイトの給料日前は、行きたくてもお金がないので我慢するときもあるほどです」(20代・女性)

 

ラブホ選びにも、男女間で意識差が。

「私は行くなら少し高くても、きれいなところに行きたいと思っているんです。でも彼は、古くて安いホテルばかり選びます。

 

さらに彼は古い考えのタイプで、『女性にお金を出させてはいけない』と思っているようで…。私も払うから、たまにはもっといいラブホに行きたいのが本音のところですね」(20代・女性)

 

性離れに加えて少子高齢化もあり、ラブホテルはさらなる逆風を受けそうです。

・合わせて読みたい→彼にとって自分が「ヤりたい女」か「彼女にしたい女」か探る方法

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の性体験がある男女1,151名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!