ひとり暮らし女子が100均で買って後悔したキッチングッズ3選

買ってもすぐにダメになってしまうケースも…。

キッチン
(istock/Thinkstock/写真はイメージです)

100円ショップでは、文句なしの高性能な商品がある一方で、買ったことを後悔してしまう品も…。

とくにキッチン用品では、長く使えると思って購入しても、すぐにダメになってしまうものもあるようです。

 

■「買って後悔!」は5割

fumumu編集部が全国の20代女性296名を対象に、100円均一で買って失敗した物があるか調査したところ、「YES」は54.7%。

100円

取材班は、ひとり暮らしの女子たちに100円ショップで購入して後悔したキッチングッズを聞いてみました。

 

①白い皿がすぐ黄ばむ

「ひとり暮らしを始めるときに、真っ白なお皿で統一しようと何十枚か購入しましたが、どれも2、3ヶ月も経たないうちに、ひび割れのように茶色い汚れがお皿について黄ばんでいきました。

 

お皿の奥に汚れが染み込んでいるのか…、漂白剤を使ってもキレイにならず…真っ白いお皿だから汚れも目立つし、なんだか不衛生にも見えるし、結局捨てましたね」(20代・女性)

 

②注ぎ口が詰まる調味料系の入れ物

「醤油差しを買ったら入り口が詰まるし、塩胡椒入れを買ったらスパイスの出る口が小さすぎて、塩や胡椒がぜんぜん出てこないし…。

 

私が選んだものが悪かったのかもしれませんが、調味料系の入れ物はハズレが多かった印象です。毎日使うものだからスムーズに使えないとイライラするし、少し高くてもきちんとしたものを買うようにした」(20代・女性)

 

③耐久性がなさすぎる金属系

「ずっと欲しかった野菜スライサーを発見して『100均にもあるんだ!』と感動して買いましたが、数回使っただけで刃がボロボロになって1週間ももたなくてダメでしたね。

 

この他にもフライパンも買ったけれど、油をひいてもすぐに肉がくっつくようになるし…。ゴミ袋とかスポンジとか消耗品はいいけれど、本来は長く使えそうなものを100均で買うと失敗すると学びましたね」(20代・女性)

 

すべてを雑貨店などで揃えるとなるとけっこうな出費になるもの。そのため、100均でいい商品を見つけられるとありがたいものですが、中には失敗することも…。

細かい部分までしっかりとチェックしてから購入したほうがいいかもしれません。

・合わせて読みたい→思わぬところに…女子が後悔「部屋の模様替え」3つの失敗パターン

(文/fumumu編集部・コッセン

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年5月18日~2018年5月21日
対象:全国20代の女性296名 (有効回答数)

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!