「物悲しい気持ちになる…」 太陽が沈む頃に思う気持ちとは

太陽が沈む様子を見て、センチメンタルな気持ちになる人も…。

考える女性
(OneShotFilms/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

太陽は毎日登り、そして沈んでいきます。太陽が沈む瞬間に、人々はどのような思いを抱いているのでしょうか。


■太陽が沈むのを見ると物悲しい

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,653名を対象に、太陽が沈むのを見ると物悲しい気持ちになるか、調査を実施しました。

太陽が沈むのを見ると物悲しい気持ちになるグラフ

「物悲しい気持ちになる」と答えた人は、全体で51.1%。

fumumu取材班は女性達に、太陽が沈む頃に思う気持ちについて話を聞きました。


関連記事:「会社行きたくない…」 休み明けの気分の落ち込み、どう乗り切る?

①もうすぐ1日が終わる

「太陽が沈む頃になると、『もう1日が終わってしまうのか…』と思って少し寂しい気持ちになりますね。とくに休日は休みが終わるつらさもあって、かなり複雑な気分に…。


また私は寝るのが早いタイプなので、日が沈んだ後は就寝に向かって準備する時間だと思っているところがあります。だからこそ、太陽が沈む前までにやりたいことを済ませるようしているんです。


それでも上手に時間が使えずに、後悔することが多いのですが…」(20代・女性)

続きを読む ②夜になるからお酒が飲める

美味しいコーヒーを手軽に【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事