タカトシのトシ、パチンコ屋バイトでギックリ腰を発症 「プラトーンみたいに」

タカアンドトシのトシさんが、若手時代のバイトの思い出を語りました。

タカ
(写真提供:JP News)

24日放送の『アメトーーク』(テレビ朝日系)にお笑いコンビ・タカアンドトシのトシさんが登場。

若手時代にバイトしていたパチンコ店の裏話を披露しました。


■六本木のパチンコ店でバイト

下積み時代にパチンコ店でバイトをしていた「パチンコバイト芸人」の企画で集合した芸人たち。トシさんは東京に上京してからすぐ、六本木の「ミナミ」というパチンコ店でバイトとして働いていたそうです。

ホールスタッフとして作業していたというトシさんは、時には1箱10キロぐらいの重いドル箱を、何箱かまとめて運搬することがあったそうです。


関連記事:オリラジ藤森、オードリーファンの説教コメに猛反論 「逆に評判下げるよ」

■休憩中に異変が

お笑いコンビ・千鳥のノブさんの「箱を何箱ぐらい持ってた?」という問いかけに対し、トシさんは「4箱かな」と回答。「その頃は20代だったからガンガン持っていた」と語りました。

しかしある時、休憩時間に咳をしたら腰が突然冷たくなったのだそう。トシさんは「冷えピタを貼ってるみたいに冷たくなった。『冷たい。何だろう』と思って鏡を見たら、姿勢が斜めに傾いていた」とギックリ腰を発症してしまったことを明かしました。

続きを読む ■映画の名シーンを体現

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

おすすめ記事