経済力がなくて生活が大変すぎる…貧乏な夫で苦労したエピソード3選

相手の年収を考えずに結婚してしまうと、生活に困ってしまうことも…

お金がない
(sunabesyou/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

「愛さえあれば何とかなる!」と、いざ結婚してみたものの…待ち受けていたのは、苦労ばかり!?

低所得の夫と結婚すると、独身時代には想像もつかなかったことで辛い思いをしてしまうことも…。

fumumu取材班が、貧乏な夫で苦労した経験について、既婚女性に話を聞いてみました。

 

①住宅ローンが通らない

「結婚後、妊娠をきっかけにファミリータイプの新居を探し始めました。しかし、不動産業者の説明では、『若いうちから住宅ローンを組めば、家賃とほぼ変わらない金額で住宅を購入できる』とのこと。

 

こうして、理想の新築物件を見つけたのですが…いざ住宅ローンを組もうとしたところ、審査に引っかかるという大事件が。今の夫の年収では、もっと安いローンしか組めないと言うのです。

 

結局引越し自体を諦め、今も賃貸アパートに住み続けています」(20代・女性)

 

②買い物はおつとめ品ばかり

「お給料が日給制の夫。月毎に給与が変動する上にボーナスもないので、節約の毎日です。買い物はスーパーの値引きを狙って、おつとめ品ばかりを購入。結婚してから、定価で買ったものはないかもしれません。

 

もちろん私も働いていますが、小さい子どもがいるのでパートで稼げる額は限られてしまい…いっそ、離婚して実家に帰った方が楽になるのではないかと考えてしまいます」(20代・女性)

 

③離婚まで婚姻費用を請求されるケースも

「『売れないうちは、私が稼いで応援する』と、アーティストの卵だった夫と結婚しました。しかし、その後も売れる気配は全くなく…結婚5年目にして、離婚前提の別居を決意しました。

 

とろこが、離婚協議中の夫から、婚姻費用を請求されることに! なんと、婚姻関係にある間は、収入が高い方が少ない方の生活費を支払わなければいけない義務があるそうなのです…」(30代・女性)

 

■ボンビーを理由に離婚に至るケースも…

どんなに大好きな相手であっても、お金で苦労するのは相当なストレスになるのだそうです。

いつの間にか、稼げない夫に嫌気がさし、離婚を決意する女性も。

これから結婚を考えている女性は、お金のこともきちんと意識しておいた方が良さそうです。

・合わせて読みたい→離婚の危機に陥ったカップル…乗り越え方と長続きの秘訣

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事

関連キーワード


fumumuをフォローしよう!