岡崎体育、五輪作曲の後任にアピール投稿 朝食のメニューに憶測飛び交う

小山田圭吾さんの辞任を受け、岡崎体育さんがツイッターで後任アピールをしました。

岡崎体育

20日、歌手の岡崎体育さんが、自身の公式ツイッターを更新。

東京オリンピックの、作曲担当後任へのアピールを発信しました。


■波紋広がる小山田さんの辞任

五輪の作曲陣のひとりだった小山田圭吾さんが、過去に雑誌で明かしたいじめ問題によって批判をうけ、開幕4日前となる19日に辞任を発表。20日には、NHKのEテレで放送予定だった教育番組『デザインあ』などの放送が中止されるなど、大きく波紋が広がっています。

そんななか多くの人が気になっているのが、開幕直前での後任問題。誰が担当するのか、さまざまなミュージシャンの名があがっていますが、岡崎体育さんは自ら自身のツイッターで立候補しました。


関連記事:岡崎体育が星野源とコラボ トライアングルを片手に微動だにせず?

■適任すぎる(?)名前

小山田さんがツイッターで辞任を発表した19日19時頃から、約6時間後の20日午前12時半頃。岡崎さんは突然「岡崎体育といいます。体育です。」と投稿。約10分後に「俺にやらせてくれ」と綴りました。

”体育”だけに、これ以上ないほどオリンピックにマッチしている名前の岡崎さん。ファンからは「体育さん以上の適任者はいない!」「伝説始まるんか? それとも既に始まってるんか??」との声が。

さらに、「土壇場でも許されるポテンシャルあるわ。割りとマジであり」「まだ間に合う! 体育なら2日で体育の日に相応しい楽曲が提供できます」と熱いコメントも寄せられました。

続きを読む ■朝食を投稿するも…
  • 1
  • 2

おすすめ記事