ネコが名画に変身! 『CAT ART展~シュー・ヤマモトの世界~』

東京「池袋マルイ」最後の企画展『CAT ART展~シュー・ヤマモトの世界~』が7月22日~8月29日開催!

CAT ART展

「真珠の耳飾りの少女」といえば、17世紀に活躍したオランダの画家、ヨハネス・フェルメールの代表作。実はそれにそっくりな作品を、ヨハネス・フェルネーコなる作家が描いたとか…?

そんなネコが名画に登場する作品展『CAT ART展~シュー・ヤマモトの世界~』が、東京「池袋マルイ」にて、7月22日から8月29日まで開催。同展の最終日、「池袋マルイ」も44年の歴史に幕を閉じるそう。

有終の美を飾る本展の魅力に迫ってみましょう。


■世界の名画がネコに!

『CAT ART展』は、美術史に残る名画にネコが登場する、なんともかわいらしく、おもしろい作品が60点以上集まった企画展。

「ヨハネス・フェルネーコ」や「レオナルド・ニャビンチ」など、名高い画家たちが描いたとされる名画の数々は、思わず見入ってしまうこと間違いなし。


関連記事:石原さとみの音声ガイドに癒される…『フェルメール展』開催

■シュー・ヤマモトが織りなす世界

こうしたユニークな作品を手がけているのは、シュー・ヤマモトさん。1948年生まれのヤマモトさんは、74年にカナダへ、83年からはアメリカに移住し、現在もアメリカ・ユタ州に在住。

イラストレーターとして活躍しながら、2007年、有名な絵画をネコに仕立てた作品を描きはじめたそうです。

続きを読む ■原画に忠実すぎる驚きのワザ

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事