石橋貴明、YouTube開設1周年でとんでもない茶番をかます 視聴者は圧倒

チャンネル開設1周年で今までの裏側を公開…のはずが「制作費を補うためにバイト」「京子ちゃんと恋仲に」「マッコイはスタッフに暴力」など全編コントな内容に。

とんねるず・石橋貴明さんが17日、自身のYouTubeチャンネル『貴ちゃんねるず』(登録者数164万人)を更新。チャンネル開設1周年を記念し、これまでの裏側を公開しました。

しかし、その内容は全編にわたってフザけまくり。視聴者から反響が相次いでいます。


■まさかの『情熱大陸』パロディ

『情熱大陸』(TBS系)のパロディ『笑熱大陸』として、いつも以上にテレビ番組然として始まった今回の動画。

ナレーションも本家の窪田等さんが務めるなど気合いの入り方が伝わる始まり方で、マッコイ斉藤さんとの「貴ちゃんあれでしょ? 大変失礼ですけど暇でしょ?」「暇です」「YouTubeやりません?」という、最初の動画でも写されたやり取りが改めて流れるなど、最初はごく普通な導入です。


関連記事:苦痛な時間… 女性が「やってらんねぇ!」と思ったエッチ3選

■どこまでが本当かわからない内容に

しかし、雲行きはすぐにあやしくなることに。

チャンネル内企画『貴ちゃんスポーツ』の打ち合わせで「やるな? いや、やるね!」のタイミングを合わせるために永遠と調整する様子が流れたり、幻の初回放送だったはずがコロナの影響でお蔵入りになったという、おぎやはぎ・矢作兼さんとのユルいトークが流れたり。

さらには、番組で使用する小道具の多くは石橋さんの手作りだと明かされたり、少ない制作費を補うために石橋さんがタクシー運転手(契約社員)として働いていると明かされたり、動画編集のお手伝い(テロップ打ち)もしていると明かされたり…どこからどこまでが本当なのかわからない内容が続きます。

続きを読む ■京子ちゃんと交際、マッコイは暴力
  • 1
  • 2

おすすめ記事