コロナ禍で増加したキャバクラ嬢の「パパ活女子」 その実態は…

キャバ嬢の間で増加するパパ活。一見、ラクそうに見えますが常に危険なことがあるといいます。

■危険な目に遭うことも…

「マッチングアプリだと競争率が高いので、出会い系サイトでパパを募集したら危険な目にあったことがあるという子は結構います。


ホテルに行ったあと、パパがお金を払わずに逃げることなんてしょっちゅうだし、中にはシャワーを浴びている間にパパにお金を盗まれたなんていう子も…。また、ホテルで暴力を振るわれそうになったという子もいます。


中でも1番ひどかったのは、お手当を封筒でもらってその場でお金を確認したのに、あとで封筒を開けてみると偽札だった…ということがあったそうです。


警察にも行けないし結局、怖くなって泣き寝入りするしかなかったと言っていましたね…」(20代・女性)


関連記事:ただヤりたいだけ? それともちゃんと愛している?エッチで見極めるポイント

■ラクして稼げるわけではない

お金に困ってパパ活を始めても、ラクして稼げるわけではなく危険なことは常に隣り合わせのようです。

今は、自粛で店で働くことは難しいかもしれませんが、安易にパパ活に手を出すのは色々なリスクを考えたらやめておいたほうがよさそうです。

・合わせて読みたい→ただヤりたいだけ? それともちゃんと愛している?エッチで見極めるポイント

(文/fumumu編集部・カワノアユミ