習慣化が大切! 「お金が貯まる人」が自然とやっていること3つ

「いつでも金欠」の人と、「上手に貯金ができる人」。その違いはどこにあるのでしょうか?

貯金箱
(stockfour/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

お財布の中はいつもピンチ。「次のお給料はいつだっけ…」と毎月ヒヤヒヤ。そんな毎日から、どうやったら抜け出すことができるのでしょうか?

上手にお金を貯めている人は、ちょっとした意識を継続しているようですよ。お金が貯まる人が自然とやっていることを、fumumu取材班が聞いてきました。


①ギリギリを狙わない

「金欠だったときは、月に使えるギリギリの額を常に狙っていました。『給料がいくらだから、ここまでは使える!』『来月またいくら入ってくるから、カードで買えば大丈夫かな』って。


自分が使える額を把握することと、使える額のギリギリまで買い物をするのでは、意味が違いますよね。私は、残念ながら後者で…。貯金なんて全然できていませんでした。


今は、いくら使えるか? ではなくて、なにが必要か? を考えるようにしています。月に使えるお金が余っていても、すべて使い切る必要はないから。自分にとって本当に必要? 今すぐ買わなきゃいけない? と考えることで、無駄遣いを減らしています」(20代・女性)


関連記事:「金欠だわ~」が口癖の人は要注意! お金が貯まらない人の3つの特徴

②財布の中がキレイ

「財布やバッグの中が汚いと、なかなかお金が貯まらないと思います。自分が持っているお金や物を把握するのって、とても大切なことなんですよ。


手元にいくら持っているのかわからないと、まだまだ残っていると思って買い物して、『意外とお金なかったんだ!』と後悔するかもしれないし。


部屋が汚いと、自分がなにを持っているのかパッと判断もできないですよね。持っている物をまた買ってしまったり、せっかく買った物をすぐになくしたり…。お金を無駄にすることが増えてしまうんです。


レシートをためない、ポイントカードを作りすぎないなど、ちょっとしたことから初めてみるのがいいんじゃないでしょうか」(20代・女性)

続きを読む ③貯金は先に
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事