高橋真麻、入園式で感じた驚きと感動 「父親が八割くらい参加していた」

高橋真麻が子供の入園式に参加したと報告。そこで感じた「時代の変化」を明かす。

高橋真麻フリーアナウンサーの高橋真麻さんが1日、自身のブログを更新。2020年に第1子を出産した彼女が同日入園式に参加したことを明かし、思わず驚いてしまったことについて語りました。


■入学式で感動したこと

この日、ブログにて入園式に参加したことを報告した真麻さん。その次の投稿で「驚きと感動」というタイトルを付け、体験したエピソードを告白しました。

真麻さんが驚き、感動したのは「平日の10時だといいうのに、父親が八割くらい参加していたこと」だそう。

入園式=母親が参加するイメージが強いですが、「父親が子供を抱っこしている方が殆どで 男性の育児参加が浸透しているのだなと思いました」と感じたことをつづっています。


関連記事:高橋真麻、子供の“鼻の穴”ママ似であることを報告 「ぴえん」

■もう一つ感激したことは…

続いて、真麻さんは「そして感動したのは保育士の方々。先程アップした入園式のウェルカムボードから 入園式の準備や、入園式でのパフォーマンス、飾り付け」「全てをただでさえ大変な勤務の前後にやられていたのかと思うと感動と感謝しかありません」と自身の心境を吐露しました。

「これからお世話になります」「私もその間、めいっぱい働きたいと思います」と言葉を結び、投稿を締めくくっています。

続きを読む ■「私たちの時代とは違います」の声も
  • 1
  • 2

おすすめ記事

関連キーワード