山里亮太、相方・しずちゃんが聖火リレーで発した言葉に称賛 

山里さんは、聖火ランナーを務めた相方・しずちゃんが記者に答えた言葉に称賛しました

山里亮太

南海キャンディーズの山里亮太が出演するラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)で30日、聖火リレーを務めた相方の“しずちゃん”こと山崎静代さんが発した言葉に言及。

リスナーからも共感のコメントが寄せられています。


■トーチも購入したしずちゃん

25日からスタートした東京オリンピックの聖火リレー。番組のメインパーソナリティを務めるフリーアナウンサーの赤江珠緒さんは山里さんに対して「聖火ランナーも走ったんだってね、おしずさん」と、相方・“しずちゃん”こと山崎静代さんが、福島県いわき市を走ったことに触れました。

山里さんは「うん、そう。楽しかったみたいね」「凄い楽しくて、ちゃんと買ってたよ、トーチ」聖火ランナーのみが購入できるトーチ(7万1940円)も購入したことを明かしました。


関連記事:南海キャン・しずちゃん「相方が初めて家来たー!」 “撮影者”が話題に

■「『第2の故郷』いわき市」

しずちゃんは2006年、常磐ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)を舞台にした映画『フラガール』に出演。これまでもいわき市産農産物のPRや、チャリティー募金活動もしていました。

聖火ランナーに選ばれた際には「東日本大震災から10年の節目の年を前に、私が福島県を聖火ランナーとして走行することで『第2の故郷』いわき市の復興した姿を全世界に発信できればと思いますし、お世話になった皆さんへの恩返しにもなればと考えています」との言葉を発信しています。

続きを読む ■記者に発した言葉とは
  • 1
  • 2

おすすめ記事