千鳥・大悟のマジで考えた言葉に反響続出 「心に響く」「好き」

千鳥・大悟の「好きな人を考えたとき『こういう人間になればいいんだ』って」に感銘を受ける視聴者

大悟

28日放送の『テレビ千鳥』 (テレビ朝日系)にて、MCを務めるお笑いコンビ・千鳥の大悟さんが、自身で作った「いい言葉」を発表。

視聴者から大きな反響を呼んでいます。


■「好きな人はどんな人ですか?」

今回の放送は「心に響く言葉選手権2」と題し、芸人がボケ無しで本気で作った「いい言葉」を披露。その言葉に対し、ゲストのお笑いコンビ・ピースの又吉直樹さんが判定していきます。

いくつか発表した言葉の中で「ベストオブ心に響く言葉」に選ばれたのは、大悟さんの「好きな人はどんな人ですか?」という言葉。

そこで、大悟さんは「決して異性のことを言っているだけじゃない。人として好きな人がいるでしょ。わし、みんな好きや。(出演者の1人であるお笑いコンビ・麒麟の)川島さん好きや」と解説を始めます。


関連記事:千鳥・大悟、野球盤でスタメンを発表 ネーミングセンスに視聴者爆笑

■「こういう人間になればいいんだ」と分かる

さらに「『川島さん好き』ってなったときに『川島さんてどんな人?』と思えば、『自分がこういう人間であった方がいい』と分かる。嫌いな人になりたいわけない。(相方の)ノブのことを好きやったら、ノブのことを考えたときに『こういう人間になればいいんだ』って」と詳しく述べました。

そのあとすぐに「それでみんなよくな~い?」とギャル風に両手を広げてポーズし、笑いを取る大悟さん。

「なるほど」と全員がうなずく中、又吉さんは「素晴らしい」とひとこと。同時にスタジオ中からどよめきと拍手が起こっていました。

続きを読む ■「素晴らしい」とどよめきが起こり…
  • 1
  • 2

おすすめ記事