宮迫博之、包丁で6針縫うケガを負い「まいったなあ」 不運にため息

料理企画の撮影中、誤って包丁で手を切ってしまい、6針縫うことになったそうです。

宮迫博之

芸人でユーチューバーの宮迫博之さん(登録者数137万人)が5日、自身のサブYouTubeチャンネル『裏迫ですッ!』を更新。

「6針縫いました」と題した動画をアップしました。


■料理企画で手をバッサリと

車で移動中の宮迫さんを写した今回の動画。「なんでそんな落ち込んでるんですか?」と、カメラマンのつつみひろきさんが尋ねると、明るく「指切ってん」と宮迫さんは返します。

もちろんカラ元気で、次の瞬間には気落ちした表情に。料理企画で物が落ちてきたとき、反射的に手が動いてしまい、包丁を持った手が反対の手に当たってしまったそうです。


関連記事:宮迫博之、サブチャンネル開設も自虐 「YouTube始めた時から…」

■6針を縫うケガに

「ばっくりいっちゃいまして、これは縫うしかないなと」と話しつつ、形成外科へと向かう宮迫さん一行。「先端恐怖症の宮迫さんが今から手に針をぶっ刺して…」とつつみさんが述べると「嫌やあ…麻酔もせなあかんし嫌なことだらけや」「まいったなあ」と漏らします。

病院に到着しても、なおも「麻酔も打つし、針も糸もなんかもう怖いです…嫌です…」と弱音が止まらない…。

続きを読む ■「横に切れてたら神経いってました」

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

おすすめ記事