関ジャニ大倉「ジャニーズとして色々あった」 今年の抱負にファン感動

関ジャニ∞が未来への目標を語る

ジャニーズ事務所

25日放送の『関ジャニ∞クロニクルF』(フジテレビ系)にて、関ジャニ∞のメンバーらが今年の抱負について討論。

大倉忠義さんが掲げた目標が、ファンの間で話題となっています。


■今年の抱負は?

この日、焼肉を食べながら2021年の抱負について語った一同。

丸山隆平さんが「エゴサーチをしていたら批判が多かったのでテレビでの放屁を控える」横山裕さんが「ドラマ『知ってるワイフ』の主題歌・キミトミタイセカイを多くの人に聞いてもらいたい。自信作だから」など、それぞれ個性溢れるコメントを連発し、大きな盛り上がりを見せていました。


関連記事:『ジャニーズカウントダウン』関ジャニが歌い出しで痛恨のミス 「ズッコケた」

■グッドニュースを発信したい

そんな中、大倉さんは「ジャニーズとして昨今色々あった」と振り返りながら、「僕らグループも色々ありました…背負うわけじゃないですけど、自分たち発信でグッドニュースをいっぱい届けたい」と宣言。

「2020年はコロナで止まってどうなるかわからなかったけど、進んでいかないといけない」と、この目標がグループとしての課題でもあると意気込みました。

続いて村上信五さんも「時代と変化に追いついていくグループ」「今までの経験も活かしつつきちんと順応できる」自分たちでありたいと話し、士気を高める姿を見せています。

続きを読む ■思わず感激するファンも

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

おすすめ記事