ヒカル密着特番、テレビ・YouTube同時放送の裏側 「かなり大変な数ヶ月」

ヒカルさんのドキュメンタリー番組の舞台裏を、仕掛け人であるロコンド田中社長が明かしました。

ヒカル11日、人気ユーチューバー・ヒカルさんの密着ドキュメンタリー『職業カリスマ 〜YouTuberヒカルの光と影〜』(TOKYO MX)が放送されました。

ドキュメンタリーとしては長い1時間にわたる尺、放送と同時刻にYouTubeでも番組を生配信されるなど、前代未聞の試みが大きな話題となりましたが、実現に至るまではなかなか大変だったよう。

本番組のスポンサーを務めた『ロコンド』の田中裕輔社長がYouTubeチャンネルで裏側を語りました。


■テレビ局の保身でボツに

ヒカルさんと宮迫博之さんの地上波CMを制作したり、ローランドさんとコラボグッズを作ったり、中田敦彦さんと宮迫さんMCのYouTubeバラエティ番組『ウィンウィンウィーン』のスポンサーをするなど、YouTube上でのPRで知られるロコンド。

しかし、ヒカルさんのテレビ番組企画に関しては、当サイトでも既報の通りテレビ局の保身でボツになったことがあり、また今回配信された動画でも他2つのプランがダメになったことを明かします。


関連記事:人気YouTuberヒカル、テレビ局の保身で番組企画がボツ 「なんだこの日本」

■4つ目のプランが実現

チャンネルを開設した際、10万人登録達成でヒカルさんと宮迫さんの番組をそれぞれ作ることを公約に掲げていた田中社長。公約達成が遅くなるにつれて「嘘つき」という声が多くなったり、秋頃には「無理かもしれない」と思ったこともあったそうですが、TOKYO MXが手を上げてくれ、4つ目のプランが実現化することになったそうです。

もともと全国放送にこだわっていたものの、見逃し配信はあるにせよ、MXは東京都を含む一部の関東圏でしか見られません。すると、ヒカルさんから盛り上がりを作るため、YouTubeでの同時配信を提案されることに。

続きを読む ■「そんな簡単にはいかねえだろ」と思うも…

おすすめ記事