『鬼滅の刃』、『千と千尋』を超え興行収入1位! 石原裕次郎賞にも輝く快挙

劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』がとうとう歴代興行収入1位になりました!

鬼滅の刃 映画

2020年もわずか数日となった28日、東宝・アニプレックスから、劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』の歴代興行収入が1位になったと発表。年の瀬すべりこみの快挙に、称賛の声が集まっています。


■以前から話題の記録塗り替え

破竹の勢いで、興行収入の記録を更新してきた劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』(以下『鬼滅の刃』)。長らく歴代1位の座についていた、スタジオジブリの『千と千尋の神隠し』(以下、『千と千尋』)を追い抜くかどうかが話題になっていました。

13日時点では、『鬼滅の刃』が約302億円と、『千と千尋』の308億円に迫る勢いだったものの、コロナにおける新作映画公開延期の影響で、『千と千尋』は今年の夏に再上映。

その結果、『千と千尋』の興行収入には8億8000万円が上積みされ、316億8000万円に更新。双方のファンをやきもきさせていました。


関連記事:気象予報士・森田正光の『鬼滅の刃』考察に大反響 「目頭が熱くなりました」

■興行収入324億7000万円に

そんななか、28日に発表されたのは『鬼滅の刃』の興行収入が324億7000万円になり、実質歴代1位になったというものでした。

『鬼滅の刃』は、漫画も終了し、映画期間もそろそろ終了かと思いきや、26日から体験型映画上映システム「MX4D/4DX」での上映を新たに開始。記録塗り替えにさらなる勢いがついたのかもしれませんね。

続きを読む ■「すごい瞬間に立ち会えた」「どっちも最高ッ」
  • 1
  • 2

おすすめ記事