たむらけんじ、大阪市の飲食店時短要請「従うよう指示」も… 複雑な胸中明かす

お笑い芸人のたむらけんじが飲食店営業時短要請に言及

■「一番きついのが来た」

続いて、「各飲食店はこの1年のロスを年末に取り戻そうと思っていたが、それも難しくなるかもしれない」と告げられたたむらさんは、「飲食店の皆さんが期待してた時期に一番きついのが来たなと思っている」と複雑な心境を告白。

とはいえ新型コロナウイルスの感染拡大を心配していることから「けど、みんなの力で抑えないといけない」とこの冬を乗り越える覚悟を見せていました。


関連記事:春名風花、「税金」について心情を吐露 「国民が“国に預けている”お金」

■厳しい年末年始

テイクアウトの他、通信販売で次々と新しい商材を打ち出すなど積極的な行動がみられるたむらさん。

公式ツイッターでは、芸人であると同時に一人の経営者として「コロナに負けるな」「皆さん踏ん張ろう」と書き込む姿も見受けられました。

時短要請に関し各地から賛否両論の声が沸き上がっていますが、今後も厳しい日々が続きそうです。

・合わせて読みたい→北海道の規格外野菜を「RT数×1キロ」分販売 大反響に心配の声も

(文/fumumu編集部・鳳 あゆ子
  • 1
  • 2

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事