川村エミコ、イジメ受ける中学生活で心の支えとなったKinKi Kidsの存在

先月、自身初のエッセイ集『わたしもかわいく生まれたかったな』を上梓した川村エミコさんにインタビュー!

川村エミコ

お笑いコンビ・たんぽぽの川村エミコさんが、自身初のエッセイ集『わたしもかわいく生まれたかったな』(集英社)を、10月5日に上梓。同エッセイでは、川村さんがどのような幼少期を過ごし、どんなことを感じていたのかが、柔らかくてあたたかい文章で綴られています。

今回は、本書を読んで記者が感じたこと、もう少し詳しく知りたいと思ったことについて、川村さんにインタビューをさせていただき、お話を伺いました。


画像をもっと見る

■最後のページは「思い出を書く」スペース

川村エミコ

――エッセイを読ませていただいたのですが、懐かしくて共感できるエピソードがたくさんありました。

川村:連載している間にも「自分の小さな頃を思い出しました」と言ってくださる方がたくさんいらっしゃって、嬉しかったです。ですので、本の最後に「あなたの思い出を書いてください」というページを付けさせていただいたんです。

最初、担当の編集者の方に「本で白いページってあるんですかね…?」と言われましたが(笑)、デザイナーさんにメモページっぽくかわいくしていただきました。


関連記事:川村ゆきえ、back number栗原寿と結婚を報告 「今まで感じたことのない…」

■心を逃す違う世界が救いだった

川村エミコ

――僕の世代ですと、たんぽぽさんを最初にしっかりと知ったのは『めちゃイケ』で、その当時の印象が強いのか、最初にエッセイを読ませていただいたときは、自分が知っている川村さんとスッと結びつかないところもあって。

川村:テレビだと求められているものを100で頑張るようにしているので、そこが抽出されて、本を読んでいただいたときに違うイメージを感じられたのかもしれません。でも、テレビの私も、本の私も、今こうして話している私も、全部私なんです。

――特にそう思ったのが、中学時代にクラスメイトからイジメを受けていたお話です。あのエピソードは他の章に比べて淡々と書かれていて、何か辛いことが起こりそうな予感が最初からずっとあって。後半部分に差し掛かって、なぜそのように感じたのかがわかる記述もありました。

川村:当時は(イジメがあることが)しょうがないと思っていました。私は一人でいることが不幸だと思っていなかったし、そこから始まっているので。

あとは、他の心のよりどころ、心を逃す違う世界があることを小さい頃からわかっていたので、それが救いでした。もし何か辛いことに悩んでいる人がいたら、好きなことを見つけてほしいなと思います。

続きを読む ■よりどころとなる「好き」を見つけるには

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

この記事の画像(7枚)

おすすめ記事