ロッチ中岡、『イッテQ』出演の経緯は「ドッキリに引っかかった才能」

薄いリアクションも才能のうち…『イッテQ』出演の理由を告白!

中岡創一

27日深夜放送の『チマタの噺』 (テレビ東京系)に、お笑いコンビ・ロッチの中岡創一さんが出演し、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に出演することになった経緯を明かしました。

思いもよらない才能を評価されたことに、司会を務める笑福亭鶴瓶さんから驚きの声が上がりました。


■リアクションしないことが評価された

鶴瓶さんから『イッテQ』に出ることになった理由を聞かれた中岡さんは、「ドッキリ番組に何回か呼ばれていて、『そこでの引っかかり方が面白い』と言われて、引っ張ってもらった」と語ります。

また、相方のコカドケンタロウさんから「しかもそのドッキリの引っかかり方について『そんなにリアクションをしないこと』を評価されたんです。だから中岡さんは頑張り方が分からない。頑張ってないことを評価されたから」と明かしました。

中岡さんは「ロッチの強みは素人感だと思う。プロフェッショナルの(人たちの)中に『ちょっと素人が混じってますよ』みたいな感じで出ていた」と振り返りました。


関連記事:出川哲朗、『イッテQ』はゲスト枠 レギュラー決定に「泣いてしまうかも」

■出川哲朗さんにアドバイスされた言葉

以前、お笑いタレント・出川哲朗さんに「お前はリアクションするな。俺はプロのリアクションする人だけど、中岡はしないほうがいい。そのままのことをやってたほうが面白いんだから、そのままやっとけ」とアドバイスされたことがあったそう。

この言葉には疑問を抱いたそうですが、鶴瓶さんも「今、ぎょうさんタレントがいて。この人はここ、この人はここ。お前の(ポジション)は誰もそこにいないとこや。ある種のプロや」と、中岡さんのポジションはニッチな場所にあり、そこでニーズを満たしていることを指摘しました。

続けて「素人感のプロや。素人に混じって何かやったら、『あ、やっぱりロッチはすごいな』と思われる。ロッチとしてやで。お前に思うかどうかはしらんで」と笑いを交えながら中岡さんを絶賛しました。

続きを読む ■『イッテQ』に出演していても…

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事