好きな彼の話にモヤモヤ… 同性愛者は恋バナをどう感じている?

異性の話題で盛り上がっている時にレズビアンの人が感じていることは?

会社
(nathaphat/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

好きな人に関する話題は、飲みの場やお泊りの場で盛り上がりやすいネタ。しかし、当たり前に異性の話になるため同性愛の人は居心地の悪さを感じていることがあるようです。

fumumu取材班はレズビアンの人に恋バナが盛り上がった時にどう感じているか聞いてみました。


①異性愛の話を聞くのが苦手

「人によるかもしれませんが、私は異性愛の話に共感するのが難しいうえ、話題を振られると困ってしまうので苦手です。


カミングアウトしていないので合わせますが、『彼氏っぽさ』が必要になるので、彼女とは全く違う『彼氏像』みたいなのを作ってしまって申し訳無く思ったり、矛盾してないかとヒヤヒヤしたり…。


特に下ネタになると生々しいほどに気持ちの悪さを感じてしまうんですよね。おそらく、異性愛者がレズビアンの性体験を聞くのに抵抗感を覚え得る(場合がある)ようなものだと思います。


空気を乱すこともできず、いつも『早く終われ』と思っているのが正直なところです…」(20代・女性)


関連記事:LGBTの宣伝で見かける「性別を超えて…」表現に違和感を覚える理由

②当たり障りない話題選び

「私は苦し紛れに『彼女だ』とは言わずに『私の恋人はね』と『恋人』というワードを使って当たり障りのない話をします。


サラっと『あまり人に話されるのが苦手な子なんだよね』との言葉も追加して詮索されないようにしています。


でも、話を聞いていて『あれ、男性の話だよね?』と思われていることもある気がします。自分はカミングアウトしていないので突っ込まれませんが、もしかしたら同性愛者だと薄々気づかれているかもしれません。好きな芸能人の話は、とりあえず話題の人を適当に出します(笑)」(20代・女性)

次ページ ③カミングアウトしスッキリ

おすすめ記事