アンジャ児島、『半沢直樹』の裏側激白に反響 「なんでカットしちゃったの」

アンジャッシュ児島が大ヒットドラマの最終回を語る

児嶋一哉

お笑いコンビ・アンジャッシュの児嶋一哉さんが27日、自身のYouTubeチャンネル「児嶋だよ! 」を更新。

同日最終回を迎え、自身も白井大臣の秘書・笠松役として出演していたドラマ『半沢直樹』(TBS系)の裏話を語りました。


■熱演が大好評だった児島さん

児島さん演じる笠松秘書はこの日、過去最大となる台詞量で出演。不正融資解決のキーパーソンとして、堺雅人さんや江口のりこさんらと熱い演技を繰り広げました。

最終回放送直後にYouTubeチャンネルを更新した児島さんは「多少ネタバレになるかもしれないので、もしこれを観ようと思うかたは(本編を)全部見た後に!」と強調しながら、早速「ドラマは撮ったシーンが全部使われるわけではない」と明かします。


関連記事:アンジャッシュ児島、狩野英孝と復帰の仕方について模索 「いつ復帰しても…」

■「笠松だよ!!」

最終回位の前半に半沢と対峙するシーンがあった笠松秘書もとい児島さん。7、8回と撮影していく中で、1度だけ「カットがかからない時間があった」とのこと。

困惑しながらも芝居を続ける児島さんに対し、堺さんはなんと劇中の表情を保ったまま「笠原さん…」と呟いたのだそう。

それを受け児島さんも持ち前のギャグである「児島だよ!」をもじり「笠松だよ!!」と返した一幕があったと振り返り「100%使われてないけど」と笑顔を見せました。

次ページ ■周りに全くウケなかった理由…

おすすめ記事