人の目がどうしても気になる! 堂々と生きるにはどうしたらいいの?

人の目を必要以上に気にせずに堂々と生きるコツを、fumumu取材班が聞いてきました。

人見知り
(Kavuto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「人の目を気にせずに堂々と生きたい!」と思いつつ、どうしても周りの目を気にしてしまう人は多いようです。人の顔色をうかがう自分から卒業するには、どうすればいいのでしょうか?

胸を張って生きるためのアイデアを、fumumu取材班が聞いてきました。


①言葉を真に受けない

「人の言葉を、すべて真に受ける必要はないと思います。言葉を発した側と、受け止める側で、言葉の重さが違うことは往々にしてあると思いますよ。


自分では『なにか裏の意味があるのかな?』と思った言葉でも、相手からしたら覚えてもいない可能性もあるんじゃないでしょうか。相手の機嫌が悪いときなら、いつもより冷たい言葉を浴びせられてしまうかもしれないし。


同じ相手でも、機嫌がいいときならやさしくされたりしますよね。特に意味がない言葉も、会話の中にはたくさん出てくると思います」(20代・女性)


関連記事:「絶対こういう人だ!」 相手を決めつける癖を直す方法

②事実と想像をわける

「相手から実際に言われたことと、自分の頭の中で考えた想像を、しっかりとわけたほうがいいと思います。


相手の言葉の真意を考えて、勝手にイライラしたり、モヤモヤしてしまうこともありますけど…。実際に相手から言われたことではないなら、結局は自分の勝手な想像ですから。


事実ではないことで落ち込んでも、時間がもったいないと思います。想像と事実が混ざってしまいそうなら、紙に書き出してみると思考がスッキリしますよ」(20代・女性)

続きを読む ③本音を伝える
  • 1
  • 2

おすすめ記事