「違うのに…」 巷にあるバイセクシャルの悪いイメージ

バイセクシャルにある悪いイメージといえば…

悩む女性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

昔に比べて、バイセクシャルを公言する人は増えてきている印象にありますが、男性・女性どちらも恋愛対象になるからこそ、きちんと理解されず誤解が生じていることがあります。

fumumu取材班は、本当は違うのに巷にあるバイセクシャルの悪いイメージについて聞いてみました。


①チャラい

「今の彼氏に思い切ってバイセクシャルであることを明かしました。すると、その後から何だか彼の行動がぎこちなくなって…。気になって問いただしてみると、バイセクシャルにはチャラいイメージがあるようで、浮気されないか、男性との恋愛に飽きて女性をナンパしたりしないかなど考えていたようです。


そういう人もいるかもしれませんが、実際はチャラいバイセクシャルって少ない気が…。あくまでもその人の性格であり、バイセクシャルがそうというわけではありません」(20代・女性)


関連記事:人それぞれなのに…バイセクシャルにある3つの誤解

②とっかえひっかえ

「バイセクシャルを主人公とした作品によるステレオタイプだと思いますが、軟派でとっかえひっかえしているイメージを持つ人もいるよう。


『バイセクシャルだからいいじゃん』と、彼氏や彼女がいても構わずデートに誘われた…と話す友達もいました。バイセクシャルをそういうキャラとして描くことも、バイセクシャルのイメージを下げるようで快く思わないのが本音ですが、作品とリアルは分けて考えて欲しいです」(20代・女性)

次ページ ③性欲が強い

おすすめ記事