TOKIO松岡、社長になる城島に苦言 「この人には任せられない」

城島リーダーの「社長」に今から不安いっぱいか…?

松岡昌宏

2日に放送された『TOKIOカケル』(フジテレビ系)にロンドンブーツ1号2号が出演しました。


■株式会社を立ち上げた2組

昨年「株式会社LONDONBOOTS」を立ち上げたロンドンブーツ1号2号と、来年4月から「株式会社TOKIO」を立ち上げるTOKIO。まさかの共通点に会話は大盛り上がり。

ロンドンブーツの今後の展望として、田村淳さんが「せっかく1号2号っていう名前だから、3号4号5号…って増やすのをこれから先やってみたい」と話すと、松岡さんが「参加したい!」と反応。TOKIO全員でロンドンブーツ3号〜6号を担当する話にまで発展しました。

株式会社の立ち上げについて「グループからチームになりたかった」と話す国分さんに対し、淳さんが「必要な時に集まって、そうじゃない時は個々で動く」「集まれる場所さえあればなんとでもできる」と言うと、思うところがあったのかTOKIOのメンバーも深く頷いていました。


関連記事:加藤浩次、宮迫のYouTubeに登場 「株式会社 雨上がり決死隊」の提案も

■給料の桁を間違えた淳さん

コンビでもあり、社長・淳さんと所属タレント・亮さん、という関係でもあるロンブー。給料は淳さんが亮さんの口座に振り込んでいるようですが、ほんの数日前に「振り込み金額を間違えた」とLINEがあったそう。

「まさかそんなに稼いでると思ってないから一桁間違えて振り込んでた」と事情を説明し、「昨日振り込みました」ときちんと報告を行っていました。

続きを読む ■リーダーもそういう役割に…?

50%ポイント還元【Kindle本】冬のキャンペーン 16日まで

おすすめ記事