「ほどほどに」がちょうどいい 人間関係で悩まないための3つの考え方

人間関係の悩みを少しでも減らす方法を、fumumu取材班が聞いてきました。

リフレッシュ
(Sushiman/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

悩みの中でトップに多い、「人間関係の悩み」。少しでもモヤモヤを手放すためには、なにを意識すればいいのでしょうか?

fumumu取材班が、人間関係で悩まないための考え方を聞いてきました。


①「理解できない」でOK

「相手のことを理解しようとする姿勢は大切ですけど、理解できないなら、それはそれでいいと思います。自分とは全然違う考え方をするんだな~と割り切って、そこからまた付き合っていけばいいんじゃないでしょうか。


私の友達も、私とは考え方が全然違うんです。なんでそうなるの!? と理解できない考え方も多いけど、そこがおもしろくて、もう数年友人として付き合っています。


理解できないことを、無理に理解しようとすると、不要な悩みが生まれてしまうんじゃないでしょうか。お互いの意見を押し付けないなら、理解できない部分があっても、そこまで問題ないんじゃないかと思います」(20代・女性)


関連記事:「どうしていつもこじれちゃうの!?」 人付き合いを悪化させるNG行為

②自分の時間も確保

「気持ちに余裕を持って人と付き合うために、私は自分の時間もしっかり確保しています。いくら仲がよくても、自分の時間が全然ないときに無理に会うと、心にゆとりがなくて小さなことでイライラしてしまうんです。


ずっと一緒にいても平気な人が友達! と聞いたこともありますけど、そうでもないんじゃないかなと思います。ひとりの時間に自分の気持ちをケアして、余裕があるときにだけ会うことは、お互いのためにもなりますし。


心身ともに元気なときに会うほうが、相手のいいところもたくさん見えてきますよ」(20代・女性)

次ページ ③「すべて合わせる」は卒業

おすすめ記事