新しい地図、支援策の第5弾を発表 ドクターカーなどの整備支援

新しい地図が新たな支援策を発表しました。

新しい地図

4月に新型コロナウイルスを受けて、新しい地図の稲垣吾郎さん、香取慎吾さん、草なぎ剛さんと「日本財団」が、「LOVE POCKET FUND(愛のポケット基金)」を設立

5日に支援策の第5弾を発表しました。ファンからは引き続き応援や支援の声が寄せられています。


■コロナ対策続々

これまで、日本財団とともにプロジェクトとして「LOVE POCKET FUND」を立ち上げ、「生きにくさ」を抱えている女性や子供への支援や高齢者・地方創生に係る支援を行っていくことを目的に、手始めとして新型コロナウイルス対策の支援対策を行ってきた「新しい地図」は、設立時に3,000万円寄付。

続いて、集まった支援金を元に全国こども食堂支援センター、医療機関、全国里親会、東京都看護協会へ資金や相当額の設備を支援してきました。


関連記事:ヒカキン、yahoo!基金と連携し医療支援基金を立ち上げ 自身も1億円寄付

■第5弾は…

8月5日には、第5弾として新型コロナウイルス感染症と複合災害に備えた救急医療施設への緊急支援として、日本医科大学多摩永山病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、独立行政法人労働者健康安全機構横浜労災病院へ支援ドクターカーや検査装置等の整備支援を決定。

総額49,690,000円を用いて、整備を整える準備をしました。これまでの第1弾〜第4弾でも、すでに115,870,000円を支援しています。

続きを読む ■「出来ることを忘れずにコツコツ」
  • 1
  • 2

おすすめ記事