Sexy Zoneのトンチキソング誕生秘話に松本潤も驚き 「嘘だと言って欲しい…」

Sezy Zoneには「バィバィDuバィ〜See you again〜」という迷(?)曲がある

ジャニーズ事務所

29日放送の『関ジャム 完全燃SHOW』初のゴールデン2時間SP(テレビ朝日系)にて人気グループSexy Zoneの知る人ぞ知る”トンチキ曲”「バィバィDuバィ〜See you again〜」の由来が紹介されました。

その思いもよらない裏話が、SNSで大きな反響を呼んでいます。

関連記事:キンプリ平野とセクゾ中島の交換日記に驚きの声 「土佐日記以来」「出して大丈夫?」

■お家芸・トンチキソング

この日、ジャニーズの名曲やコンサート演出、そしてお家芸とも言われる”トンチキソング”を取り上げた本番組。

ゲストのヒャダインさんは少年隊「デカメロン伝説」、Kis-My-Ft2「Kis-My-Calling!」などを「ワケがわからないけどイントロがカッコイイ」「(自己紹介歌詞なのに)北山くんと藤ヶ谷くんしか紹介しない」と語ったのち、「やっぱり鉄板はSexy Zone!」と指名。

「Sexy Summerに雪が降る」「バィバィDuバィ〜See you again〜」など、ファンの間でも謎曲として有名な二つを取り上げました。


■何故ドバイなのか

中でも「バィバィDuバィ」に関してはSexy Zoneの佐藤勝利さんから「この曲を作ったのは、ジャニーさんがドバイに行きたかったからと本人から聞いた」といった証言が得られたとのこと。

本作は「テレビでドバイの特集を見てドバイ欲が高まったジャニーさんが、翌日の打ち合わせでもそれが抜けなかったことから」生まれたものですが、実際撮影でドバイに行く時「暑いから」という理由で本人は欠席。故に「〜See you again〜」がタイトルに入っていると、衝撃の事実が明かされています。

この告白に対し、MCの村上信五さんは「ジャニーさんやったら絶対ありえる」と納得。ゲストの松本潤さんは「嘘だって言って欲しい…」とコメントを残しています。

次ページ ■謎の歌詞に溢れる楽しい一曲

おすすめ記事