日向琴子のラブホテル現代紀行(39) 東京・大森『AROMA GARU』

20年以上イタリアンの最前線で活躍してきたプロのシェフがあなたの為だけにディナーコースを用意してくれる、東京・大森のラブホテル

cotocoラブホテル現代紀行TOP

ラブホテル評論家の日向琴子です。今回は、ワケありカップル(?)に特にオススメ!

20年以上イタリアンの最前線で活躍してきたプロのシェフがあなたの為だけにディナーコースを用意してくれる、東京・蒲田のラブホテル『AROMA GARU』です!

ソムリエ資格もあるので、予算にぴったりのワインもセレクトしてもらえますよ!

あ、そうそう、「ワケあり」といえば、関東圏は今夜(7月30日深夜 1:59〜)放送される日本テレビの「ワケあり!レッドゾーン」のエンディングに少しだけ登場します! よろしかったらご覧ください。


画像をもっと見る

■コース料理付きプラン!

東京大田区、大森海岸駅前にある 『AROMA GARU(アロマガル)』ではコース料理付きのプランが予約できます。

20年以上イタリアンの最前線で活躍してきたプロのシェフが、あなたの為だけにディナーコースを用意してくれるとあって、もはやラブホテルではなくオーベルジュ! むしろ、インルームダイニングなので、オーベルジュ以上?

おふたりのプライバシーも保たれるので、お忍びカップルにも本気でオススメです!

訳ありカップルさんで、どーしても美味しいご飯でロマンチックにサプライズしたい方、逆エスコートで、彼に美味しい料理と癒しの空間をプレゼントしたい方は、是非とも候補に入れていただきたいです!

シェフはソムリエ資格もお持ちとのことなので、予算にぴったりのワインもセレクトしてくれます。
お誕生日や記念日のサプライズに、ぜひ、ワインも楽しんでくださいね!


関連記事:日向琴子のラブホテル現代紀行(28) 赤坂『REX』

■気になるメニューは?

日向が探訪したのは12月。気になるコース料理の内容は、前菜が真鯛のカルパッチョ、ファンタジー。最初のお皿は紅ずわい蟹とフレッシュトマトのパスタで、2番目のお皿は黒毛和牛もも肉のロースト、赤ワインのソース安納芋のマッシュポテト添え。

そしてデザートが4種のベリーのブランマンジェでした。

お料理は見た目も綺麗で可愛らしく、見ているだけでテンションが上がりますが、口にすると、そのあまりの美味しさにテンションMAX!

赤ワインのソースが、これまでの人生で一番美味しかったです! 本当に、これを食べるためだけに、行って欲しいレベルです!

前菜のカルパッチョはお魚の生臭さも一切なく、ソースやお野菜も素材の味が最大限に活かされていて、彩も含め、全てが完璧なハーモニー。

紅ずわい蟹のパスタも、しっかりとした濃厚なソースに蟹の身がずっしりと絡み、フレッシュトマトの香りが鼻に抜け、抜群のアクセントになっています。

和牛が外側はしっかりと肉の歯ごたえがありながら、お肉の中心部に向けてしっとりきめ細やかでジューシーな肉質が堪能でき、噛めば噛むほど、このお料理の奥深さが染み渡ります。

次ページ ■アメニティ豊富!

この記事の画像(6枚)

おすすめ記事